お知らせ

2017.2.20

曾祖父・幸田露伴、祖母・幸田文、母・青木玉、そして筆者へと連なる40のことばからひもとく、珠玉のエッセイ集。青木奈緒『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』

曾祖父・幸田露伴、祖母・幸田文、母・青木玉、そして筆者へと連なる40のことばからひもとく、珠玉のエッセイ集。青木奈緒『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』

幸田露伴生誕150年の本年、曾孫にあたる著者・青木奈緒が

小学館『本の窓』で2年にわたって連載した人気エッセイより、

珠玉の40語をひもとく単行本です。

『幸田家のことば』には、意気があり、ユーモアがあり、

折り合いをつけながらも潔く生きるための力があります。

 

 「心ゆかせ」

→自分自身の心のなぐさめ、納得のための行為。

 自分の気持ちをおさめるために、たいした手間でないことでも心をこめてすること。

 

「一寸【いっすん】延びれば尋【ひろ】延びる」

→一時の困難をなんとかしのいで突破をはかれば、先は楽になる。

 今、ここが頑張りどきと励ますこと。

 

「猿守【さるも】り」「小どりまわし」「ぞんざい丁寧」・・・・・・

青木奈緖さんが日常的に使うことばには、初耳のものや温故知新なものが多く、

その語彙にまず好奇心がそそられます。

 

それらは、祖母・幸田文と曾祖父・幸田露伴が使っていたことばが

母・青木玉【あおき・たま】さんの中に生きており、

知らず知らずのうち「日々の暮らしに根づいたことば」になっていることが

軽妙洒脱に描かれていて、心にぐっと迫ります。

 

ことばは家族の生き方や考え方、暮らし方があらわれ、

自分自身に大きく影響を与えるもの。

だれにでも家族や暮らしとともに息づくことばがあり、

それは自分にとって大切な財産だと気づかされる一冊です。

 

青木奈緒『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』

定価:本体1,500円+税

 

関連リンク