音の糸

音の糸
定価
本体1600円+税
発売日
判型/頁
4-6/176
ISBN
9784093885256
〈 書籍の内容 〉
静かに響きわたる、著者初の音楽エッセイ
小学生の時に友人の家で聴いたカラヤンのレコード、中学校の音楽室で耳を傾けたブラームス、日曜朝のFM放送、故郷でストーヴを焚きながら聴いた灯油の臭いのするカセットテープ、大学生になって、抽選で当たって訪れた“はずだった"、あるピアニストのコンサート……。
音の記憶の糸をたぐり寄せ、絡まった糸を一本ずつ解きほぐしていくと、そこには何が見えてきたのであろうか――。
《音の糸は音の意図。場合によっては神の意図にもなる。翻弄されるのはつねにこちらのほうであって、だからこそ音楽との一対一の関係に適度な緊張が生まれてくる。どんなに絡まり合っていても、それが音楽にまつわる身分証明である以上、むげに断ち切ることなど、いまもこれからもできはしないだろう》(本文より)
50篇で綴る、音楽と記憶の断片。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
この本には、およそ70曲におよぶ楽曲が綴られています。読み進めると、それらが頭の中に微かに鳴り響き、音源を探してみたくなるかもしれません。そしてまた、自分なりの音楽の記憶の糸をたぐり寄せたくもなるのではないでしょうか。

あなたにオススメ!

  • 久石譲 音楽する日乗
  • アイムホーム 上
  • アイムホーム 下
  • 松本零士 不滅のアレグレット…
  • 武満徹全集 第1巻 管弦楽曲…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ