お知らせ

2016.12.21

森見登美彦氏『夜行』が、第156回直木賞候補に!

キーワード: 直木賞 小説

森見登美彦氏『夜行』が、第156回直木賞候補に!

『夜行』の世界に

どっぷりハマる!

 

森見登美彦氏『夜行』が、

12月20日に発表された

第156回「直木三十五賞」

候補作になりました!

森見登美彦氏は、

2度目のノミネート!!

 

同作は、森見氏作家生活10年目の

集大成となる作品で、

発売からひと月半で4刷の増刷がかかる

ヒット作となっています。

怪談×青春×ファンタジー、

というかつてない物語に、

読書サイト等でもたくさんの声が寄せられ、

話題沸騰中! 

森見ワールドにどっぷりハマる人が

続出しています。

 

また、森見氏の人気作

『夜は短し歩けよ乙女』の

アニメ映画化が決定するなど、

俄然、注目が集まっています。

 

彼女はまだ、あの夜の中にいるーー。

 

10年前、

英会話スクールの仲間たち6人で

「鞍馬の火祭り」を見物に出かけた。

その夜、仲間のうちのひとり、

長谷川さんが忽然と姿を消した。

何ひとつ手がかりを残さずに。

 

それから10年、

私たちは再び鞍馬に集まった。

きっと彼女にもう一度、

会いたかったからだ。

夜が更けるなか、

それぞれが旅先で出会った

不思議な体験を語り出す。

私たちは全員、

岸田道生という画家が描いた

「夜行」という絵と出会っていた。

 

「夜行」とは何か。

果たして、彼女と再会できるのか。

 

『夜行』

著/森見登美彦

 

『夜行』特設サイト

関連リンク