その名も「The Kyodon(ザ・京丼)」!『和樂』とコラボした京焼の陶芸家が史上最高の「吉野家どんぶり」製作

その名も「The Kyodon(ザ・京丼)」!『和樂』とコラボした京焼の陶芸家が史上最高の「吉野家どんぶり」製作

『和樂』との取り組みで、数々の名作を生み出している川尻潤さんは、京都市生まれの陶芸家・美術家。東京藝術大学でデザインを専攻、先祖は九谷焼の前田藩御用窯で実家は江戸時代から続く清水焼の窯元の四代目。吉野家が店頭で実際に使用しているどんぶりは有田焼だが、デザインにも大変なこだわりがあるため、今回、京焼を手がけた川尻さんは、その思いを汲んでの新どんぶり製作となった。祝福感あふれるオレンジや赤で彩色し、その上に本物の金とプラチナで絵付けが施されています。こんな牛丼用のどんぶりなんて、見たことがありません!