ビートルズ、カーペンターズ…誰もが知っているあの「名曲」がジャズの「名演」で生まれ変わる。

監修:後藤雅洋 『サライ』責任編集
第2号以降、価格:(各)本体1,296円+税
マガジン:A4判変型/オールカラー20ページ
CD:ケース入り1枚 

隔週火曜日発売!
刊行予定はこちら
「JAZZ絶対名曲コレクション」を全巻購読する
全巻購入特典
マイルス・デイヴィス 公認特製「リラクシン万年筆」プレゼント

申込締切:2019年1月末日まで
※デザインは変更になる場合があります。予めご了承ください。
※お申し込み順に、2018年12月中旬より発送いたします。

「JAZZ絶対名曲コレクション」を全巻購読する
『JAZZ絶対名曲コレクション』
公式Facebookはこちらから

編集部発信の最新情報、
舞台裏のジャジーなネタ満載です
刊行予定
【1】JAZZ絶対名曲 VERY BEST of BEST
【1】JAZZ絶対名曲 VERY BEST of BEST
2018年10月2日発売
「アニタエラノラサラ」㊗創刊 夢競演!!

「絶対名曲」のベスト・テイクを厳選収録。アニタ・オデイ、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン、ノラ・ジョーンズがまさかの夢競演! ポール・マッカートニー、マイケル・ジャクソン、カーペンターズから映画音楽、カントリーまで。お馴染みのあの名曲が新しい魅力満載のジャズとして生まれ変わります。

①クロース・トゥ・ユー/エラ・フィッツジェラルド
②マイ・ラヴ/ナンシー・ウィルソン
③コールド・コールド・ハート/ノラ・ジョーンズ
④ダニー・ボーイ/ビル・エヴァンス
⑤フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン/アニタ・オデイ&ザ・スリー・サウンズ
⑥イパネマの少年/サラ・ヴォーン
⑦マイ・フェイヴァリット・シングス/ケニー・バレル
⑧アイ・キャント・ヘルプ・イット/エスペランサ
⑨タイム・アフター・タイム/カサンドラ・ウィルソン
⑩ユーアー・マイ・エヴリシング/マイルス・デイヴィス

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【2】ビートルズ・ジャズ
【2】ビートルズ・ジャズ
2018年10月23日発売
ビートルズの魅力をジャズで新発見

「イエスタデイ」「ゲット・バック」…ビートルズの名曲は、ジャズ演奏の「素材」としては手強い作品のひとつ。なぜならオリジナルの個性があまりに強烈ゆえ。だからこそ、ジャズマンの個性が加わると、たんなるカヴァーを超えた新しい発見に溢れたジャズ絶対名曲に昇華するのです。

①イエスタデイ/サラ・ヴォーン
②オール・マイ・ラヴィング/リタ・ライス
③ノルウェーの森/セルジオ・メンデス&ブラジル'66
④エリナー・リグビー/ウェス・モンゴメリー
⑤アイム・オンリー・スリーピング/ホリー・コール
⑥カム・トゥゲザー/akiko
⑦ゲット・バック/ジーン・ハリス&ザ・スリー・サウンズ
⑧ブラックバード/カサンドラ・ウィルソン
⑨イマジン/タニア・マリア
⑩ヘルプ/カウント・ベイシー・オーケストラ

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【3】クリスマス・ジャズ
【3】クリスマス・ジャズ
2018年11月13日発売
永久不滅の名曲をジャズで聴く

クリスマス・ソングは誰からも愛される永久不滅の名曲。だからこそあらゆるジャンルのミュージシャンが演奏・唱しています。ジャズマンは、豊かな個性で聴きなれた「ホワイト・クリスマス」も「ジングル・ベル」もその表情をより深く彩ります。

①ジングル・ベル/ビング・クロスビー&アンドリュース・シスターズ
②ひいらぎ飾ろう/ペギー・リー
③ホワイト・クリスマス/ルイ・アームストロング
④サンタが街にやってくる/パット・マルティーノ
⑤ザ・クリスマス・ソング/ナット・キング・コール
⑥ウィンター・ワンダーランド/ローズマリー・クルーニー
⑦楽しいクリスマスを/エラ・フィッツジェラルド
⑧きよしこの夜/ケニー・バレル
⑨もろびとこぞりて/ビング・クロスビー
⑩クリスマス・ツリー/オスカー・ピーターソン

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【4】映画音楽をジャズで聴く
【4】映画音楽をジャズで聴く
2018年11月27日発売
新しいワン・シーンが聴こえてくる

映画音楽は名曲の宝庫。「虹の彼方に」「星に願いを」など、映画音楽からは多くのジャズ・スタンダードが生まれました。映画のイメージにジャズマンの個性が重ねられた演奏からは、きっと映画の新しいシーンが見え聴こえてくることでしょう。

①アルフィー/サラ・ヴォーン
②スカボロー・フェア[卒業]/セルジオ・メンデス&ブラジル'66
③チム・チム・チェリー/ウェス・モンゴメリー
④君住む街で[マイ・フェア・レディ] /ナット・キング・コール
⑤星に願いを[ピノキオ]/ジューン・クリスティ
⑥ロミオとジュリエット/ディジー・ガレスピー
⑦追憶/ローズマリー・クルーニー
⑧ミッション:インポッシブル/ジミー・スミス
⑨虹の彼方に[オズの魔法使い]/メロディ・ガルドー
⑩スパルタカス 愛のテーマ/ビル・エヴァンス&ジェレミー・スタイグ

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【5】マイルス・デイヴィス絶対名曲
【5】マイルス・デイヴィス絶対名曲
2018年12月11日発売
マイルスが吹くと名曲が生まれる

マイルス・デイヴィスの名演は、マイルス自身が作曲した曲ばかりではありません。マイルスは、曲を発掘し個性を込めた演奏で名曲を創りだしたのです。ジャズ史に残る絶対名曲「枯葉」の、21世紀に発見された別ヴァージョンも特別収録。

①テンパス・フュージット
②エアジン
③枯葉(別テイク)/キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス
④チューン・アップ
⑤イン・ユア・オウン・スウィート・ウェイ
⑥シャンゼリゼの夜[死刑台のエレベーター]
⑦ソーラー
⑧ノー・グレイター・ラヴ
⑨ラウンド・ミッドナイト

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【6】ベスト・オブ・ピアノ・トリオ
【6】ベスト・オブ・ピアノ・トリオ
2018年12月25日発売
定番編成も個性は百花繚乱

ピアノ、ベース、ドラムスの3人編成がピアノ・トリオ。モダン・ジャズ定番の編成ですが、そのスタイルもさまざま。創始者バド・パウエルから、エヴァンス、ハンコック、コリアからグラスパーまで新旧スターが勢揃い。

●星影のステラ/ロバート・グラスパー
●星影のステラ/ビル・エヴァンス
●ウィンドウズ/チック・コリア
●ザ・ソーサラー/ハービー・ハンコック
●ルビー・マイ・ディア/セロニアス・モンク
●モーメンツ・ノーティス/マッコイ・タイナー

他全10曲

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【7】絶対名曲で聴くソウル・ジャズ
【7】絶対名曲で聴くソウル・ジャズ
2019年1月8日発売
「熱い」ジャズ・スタンダード

ソウル・ミュージックとジャズは音楽表現に共通する部分が多い、いわば親戚関係。しかし、ソウルには「熱さ」があります。ソウル・ジャズは、ジャズ・スタンダード・ファンにこそ新鮮に響くに違いありません。

●ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド/スティーヴィー・ワンダー
●オール・ザ・ウェイ/ジェームス・ブラウン
●マイ・フェイヴァリット・シングス/ダイアナ・ロス&シュープリームス
●ラヴ・フォー・セール/マーヴィン・ゲイ
●サマータイム/アーロン・ネヴィル

他全10曲

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【8】ベスト・オブ・ジャズ・バラード
【8】ベスト・オブ・ジャズ・バラード
2019年1月22日発売
絶対名曲はバラードにあり

ヴォーカルでもインストでも、ジャズ・バラードの演奏ではメロディの美しさを生かし、個性も盛り込まなくてはなりません。ジャズマンの力量が試されるバラードだからこそ大名演が生まれるのです。

●マイ・ファニー・ヴァレンタイン/マイルス・デイヴィス
●これからの人生/ビル・エヴァンス
●ウィル・ビー・トゥゲザー・アゲイン/ビリー・ホリデイ
●ラウンド・ミッドナイト/ジュリー・ロンドン
●ザ・マスカレード・イズ・オーヴァー/ヘレン・メリル
●マイ・ロマンス/カーメン・マクレエ

他全10曲

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【9】ジャズで聴くポップス絶対名曲
【9】ジャズで聴くポップス絶対名曲
2019年2月5日発売
ヒット・ポップスをジャズで料理

ジャズマンはヒット・ポップスも自分の曲に! スティングもサイモン&ガーファンクルも絶妙の料理法でジャズの絶対名曲となるのです。お馴染みのメロディがジャズとなって響く時、そこにはきっと新しい発見が!

●フラジャイル/ホリー・コール
●青春の光と影/カサンドラ・ウィルソン
●明日に架ける橋/ナンシー・ウィルソン
●素顔のままで/ジョー・パス
●ラヴィン・ユー/ダイアン・リーヴス
●イズント・シー・ラヴリー/デヴィッド・サンボーン

他全10曲

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【10】ポップス・シンガーのジャズ
【10】ポップス・シンガーのジャズ
2019年2月19日発売
ポップスからジャズ歌手に変身!

ポップス・シンガーがジャズ・スタンダード曲を歌うと? 優れたポップス・シンガーは、スタンダードも持ち歌と同じように「自分の歌」にできるのです。ジャズ歌手に変身したポップス・シンガーの名演集。

●星に願いを/ロッド・スチュアート
●スピーク・ロウ/ボズ・スキャッグス
●バイ・バイ・ブラックバード/リッキー・リー・ジョーンズ
●チーク・トゥ・チーク/トニー・ベネット&レディ・ガガ
●ザ・ニアネス・オブ・ユー/ジェイムス・テイラー
●サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー/シーナ・イーストン

他全10曲

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【11】素晴らしき日本のジャズ Now & Then
【11】素晴らしき日本のジャズ Now & Then
2019年3月5日発売
美空ひばりも民謡もジャズで楽しむ!

ジャズはアメリカ生まれですが、世界各国で独自の発展をしてきました。ここでは新旧「日本のジャズ」を紹介。10代の美空ひばりが歌うジャズ、童謡、民謡を題材にしたジャズ、21世紀の日本語ジャズまで網羅。

●虹の彼方に/美空ひばり
●サニー/弘田三枝子
●こきりこ節/渡辺香津美
●八木節/山中千尋
●Sasa No Ha(たなばたさま)/山下洋輔
●ラヴ・ミー・オア・リーヴ・ミー/akiko

他全10曲

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【12】ジャズ・ギター絶対名曲
【12】ジャズ・ギター絶対名曲
2019年3月19日発売
時代を切り拓くサウンド・マジック

生音から歪んだサウンドまで、ギターは多彩な表現ができ、奏法も多種多様。ジャズの世界ではつねにギターが「最先端」をリードしています。ギターならではの表現力を生かした無限の可能性を体感してください。

●夢のカリフォルニア/ウェス・モンゴメリー
●ワルツ・フォー・デビイ/ジョン・マクラフリン
●サマー・ランニング/マーク・ジョンソン feat.パット・メセニー&ビル・フリゼール
●オール・ザ・シングス・ユー・アー/ジム・ホール
●ミッドナイト・ブルー/ケニー・バレル

他全10曲

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【13】文豪のジャズ絶対名曲
【13】文豪のジャズ絶対名曲
2019年4月2日発売
ジャズが文学を深くする

村上春樹、大江健三郎、筒井康隆…、文豪作品に込められた作家のジャズヘの思いを知れば、ジャズも文学もより深く味わえます。村上春樹『国境の南、太陽の西』などに登場するオリジナル音源を多数収録。

●ラッシュ・ライフ(13分超)/ジョン・コルトレーン
●コンファメーション/チャーリー・パーカー
●プリテンド/ナット・キング・コール
●パナマ/ルイ・アームストロング
●虹の彼方に/バド・パウエル
●エイメン/ドナルド・バード

他全8曲

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

【14】XXX(新元号)のジャズ
【14】XXX(新元号)のジャズ
2019年4月16日発売
21世紀の「至上の愛」

2019年春に発表予定の新元号にちなんで、現在そして未来のジャズ・シーンをリードするアーティストをフィーチャー。アメリカ、イタリア、フランス、韓国、日本のアーティストたちによる新感覚の名曲集。

●至上の愛/ロバート・グラスパー
●トラヴェラーズ/J-Squad
●ジューダス/エスペランサ
●アンスピーカブル・ワールド/ゴーゴー・ペンギン
●プライベート・アイズ/Moon
●世界はゲットーだ/キャンディス・スプリングス

他全10曲

★アーティスト、レコード会社の都合により、収録曲は変更になる場合があります。予めご了承ください。

「JAZZ絶対名曲コレクション」を全巻購読する
監修者コメント
「名曲」は「名演」でさらに輝く。

 ジャズとは「演奏」を聴く音楽で、「曲」はそのための素材であるといわれてきました。これはジャズという「個性を楽しむコンテンツ」の聴き方を象徴した名言ですが、実際は演奏と楽曲は密接に繫がっています。
 たとえば「枯葉」や「星影のステラ」といった曲は、多くのミュージシャンによって歌われ演奏されるうちにスタンダード(定番曲)となりましたが、これらはたんなる演奏の素材である以前に、魅力溢れる「名曲」だったからこそ愛奏・愛唱されるようになったのです。つまり、名曲は名演を引き出す端緒であり、名演で名曲はさらに輝きが増すのです。新シリーズではそんな「名曲+名演」を「絶対名曲」と名付け、スポットを当てました。
 新シリーズは、 たんにジャズの大定番曲だけではなく、ジャズの「絶対名曲」となったビートルズやカーペンターズほか、ロックやポップスの名曲も多数収録しました。ジャンルを超えた魅力満載の「絶対名曲=MASTERPIECE」で、ビギナーもマニアもきっとジャズの楽しみ方を新発見することでしょう。

本誌監修・後藤雅洋
「JAZZ絶対名曲コレクション」を全巻購読する
本シリーズの4大特色
10万曲超の音源から厳選して制作したオリジナルCDつき

ブルーノート・レーベルを筆頭にプレスティッジ、コンコード、ヴァーヴ、リヴァーサイドなど、ジャズ王道レーベルの音源を全網羅。レコード会社の枠を超えた国内外10万曲以上の音源から厳選した楽曲を収録したオリジナルCDが毎号ついてきます。

ビートルズ、カーペンターズ、サイモン&ガーファンクル…誰もが知る歴史的名曲をジャズで楽しむ!

本シリーズは、「モダン・ジャズ」ばかりでなく、斬新かつフレキシブルに「絶対名曲」を収録します。ジャズ・マニアですら聴いたことのないビートルズ、カーペンターズなどの楽曲を一流のジャズ・プレイヤーの演奏で堪能ください。「名曲」を「名演」で聴く、新しいジャズの楽しみ方が発見できます。

日本ジャズ評論界の最高峰・後藤雅洋氏が選曲・監修・解説

日本ジャズ評論界の最重鎮にして伝説的ジャズ喫茶『いーぐる』のオーナー・後藤雅洋氏が新シリーズも全面協力。ジャズの本質を見極めつつ古典の枠に止まることのない斬新な選曲と具体的な解説で、より深くジャズの世界に誘います。

■後藤雅洋(ごとうまさひろ)プロフィール
日本におけるジャズ評論の第一人者。1947年東京生まれ。慶應義塾大学在学中に東京・四谷にジャズ喫茶『いーぐる』を開店。2017年に50周年を迎えた。店主としてジャズの楽しみ方を広める一方、ジャズ評論家として執筆や講演など幅広く活躍。ジャズ・マニアのみならず多くの音楽ファンから圧倒的な支持を得ている。著書は『一生モノのジャズ名盤500』、『厳選500ジャズ喫茶の名盤』(ともに小学館)ほか多数。

「フルコーラス全10曲のCD+オールカラー20ページ」の徹底解説つきで創刊号は694円+税

全10曲のオリジナルCD(一部長時間トラック収録号をのぞく)に加えて、オールカラー20ページのマガジンつき。後藤雅洋氏の明晰でわかりやすい解説はもちろん、アーティストの貴重なレア写真も満載! ヴォーカル曲は歌詞カードつき、録音データも充実。この豪華な仕様で創刊号は本体694円+税!(2号目以降もお買い得の本体1,296円+税)

「JAZZ絶対名曲コレクション」を全巻購読する
CDとマガジンの内容
CD&MAGAZINE

【テーマ解説】
本シリーズは毎号のテーマが斬新です。収録曲はジャズ・スタンダードはもちろん、ビートルズ、カーペンターズのポップスの名曲から民謡、賛美歌まで多岐にわたり、アーティストもマイルス・デイヴィス、エラ・フィッツジェラルドから美空ひばり、スティーヴィー・ワンダーまで多彩なラインナップ。従来のジャズ誌ではあり得ない多角的な切り口で選曲された「絶対名曲」の背景を知ることで、ジャズの楽しみが大きく広がります。ジャズ評論の第一人者・後藤雅洋氏の具体的で重層的な解説と詳細データは必読です。

【CD鑑賞ガイド】
収録各曲の作詞・作曲者、オリジナル・ヴァージョン、歌詞や時代背景の解説、サックス、ベース、ドラムほか演奏者のプロフィールなど、「絶対名曲」をとことん楽しみ尽くすための詳細情報を体系的・重層的に紹介。またCD内のブックレットには、ヴォーカル曲の歌詞カードがつきます。加えて、本誌は世界屈指のフォト・エージェント「ゲッティ イメージズ」と提携して、他では見られないレアなアーティスト写真も多数掲載します。

「JAZZ絶対名曲コレクション」を全巻購読する
© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの
無断複写・転載を禁じます。
小学館