小学館

お知らせ

2021.8.12

現役医師はなぜ、ワクチンを打たない決断をしたのか?『新型コロナワクチン 副作用が出る人、出ない人』

キーワード: 健康 ヘルスケア 新型コロナウイルス 新型コロナワクチン 風邪 インフルエンザ 免疫 時事

ワクチンを打つ前に知っておきたい最新データと副作用の実態

新型コロナワクチン接種がスタートして約半年。

接種から数日で命を落とす人が相次いでいますが、その因果関係は認められていません。

はたして、本当にワクチンは必要なのか?

副作用による被害が過小評価されているのではないか?

国内外の死亡例も含め、ワクチンの副作用と新型コロナのあらゆる疑問について、日本の医療に一石を投じ続けてきた医師の近藤誠氏が、国にも医師会にもいっさいの忖度なしで回答!

ワクチンを打つ前に知っておきたい常識から新事実まで徹底解説します。

 

«ワクチンは「みんなが打っているから、私も打とう」というようなあいまいな気持ちで打つようなものではありません。とくに新型コロナのワクチンは、これまでになかった製法によるので、効果はもちろん、副作用も未知だからです。

そして日本では(コロナワクチンを含め)すべてのワクチンは任意接種とされていることも肝腎です。もし副作用や後遺症が生じても(打つのを決めたのは本人だからと)「自己責任」とされてしまうのです(ワクチン事故・自己責任の原則)。

 

したがってワクチンを打つかどうかは、本人(子どもの場合は親)が熟慮して決めるべきです。その際、3つの要素を検討するとよい。

すなわち、

・ワクチンを打つ「必要性」

・「有効性」

・「安全性」、言いかえれば「副作用」

です。これらを別々に検討し、最後に比較考量するのが王道です。»

(本書「はじめに」より)

 

こちらは本書の内容の一部です。

■ 急激に増えつつある変異株は本当に死亡率が高いのか?

■ 高齢者がコロナで亡くなりやすいのはなぜか?

■ なぜ解熱剤が危ないのか?

■ ワクチン効果はどれくらい続くのか?

■ 「副作用」ではなく「副反応」と呼ぶ理由

■ なぜアナフィラキシーは女性に多いのか?

■ 接種直後に「自然死」の謎

■ 「血栓症」と「脳卒中」は新たな副作用なのか?

■ 結局ワクチンは打ったほうがいいのか?

 

«僕はワクチンを打つつもりが全然ない。

まず、新型コロナは僕にとっては「ただの風邪」としか思えないからです。

高齢者であっても、新型コロナが重症化しない人のほうが多数派で、その人たちにとっては従来型の風邪コロナやインフルエンザと一緒です(以下ではインフルエンザを含め「ただの風邪」と称す)。

ただ、新型コロナでは、虚弱高齢者が多数、死亡しているわけですが、従来はどうだったのか。これまでだって高齢者は、「ただの風邪」をきっかけに肺炎を起こし、よく亡くなってきました。それがコロナに代わっただけ、と思えばいいのではないか。

新型コロナで亡くなるのも、虚弱高齢者にとっては「ただの風邪」に起因する、避けられない宿命ではないでしょうか。

製薬会社や各国政府の発表する、ワクチンの有効性がどこか信じられないのも理由です。

そして何より、副作用が恐ろしい。たとえ死ななくても、発熱などの副作用がひどく、失神することがあるというのも恐怖です。»

(本書「最終章」より)

 

近藤医師が恐れる副作用の実情とは?

ワクチンに不安を抱いている人の一助となる一冊です。

 

第1章 変異株の疑問に答える

第2章 ワクチンの必要性

第3章 よくわかる免疫の仕組みQ&A

第4章 人々が知らされていない、ワクチンの不都合な真実

第5章 コロナワクチンの特徴と臨床試験

第6章 ワクチン接種後の死亡例と副作用

第7章 日本人の副作用死の実情

第8章 結局、ワクチンは打った方がいいのか?

 

『新型コロナワクチン副作用が出る人、出ない人』

著/近藤 誠

【著者プロフィール】

近藤誠(こんどう・まこと)

1948年生まれ。1973年、慶應義塾大学医学部放射線科に入局。「乳房温存療法」のパイオニアとして、安易な手術、抗がん剤治療を批判。2014年同大学を定年退職後「近藤誠がん研究所 セカンドオピニオン外来」を運営。主な著書に『患者よ、がんと闘うな』(文藝春秋)、『医者に殺されない47の心得』(アスコム)など。

 

★ こちらもオススメ!

スーパードクター、神の手に騙されるな!! 医者を見たら死神と思え [1]』

 

間違いだらけのデンタルケアで感染症リスクが高まる!?『ウイルスも認知症も生きづらいのも、すべて歯のせい?』

 

がん再発率29%→15%! 新型コロナ致死率87%→4%!『世界最新の医療データが示す最強の食事術』

 

もうマスクにふり回されない!『感染症時代のマスクの教科書』

 

貯蓄ゼロでも不安ゼロな社会を実現する方法がある!『どうせ社会は変えられないなんてだれが言った?』

関連リンク