動画

2020.12.25

YouTube小学館チャンネルにて無料配信開始! コバチュウ先生の 「週刊 ニッポンの浮世絵100 」文化講演会

YouTube小学館チャンネルにて無料配信開始! コバチュウ先生の 「週刊 ニッポンの浮世絵100 」文化講演会

 コバチュウ先生の愛称で親しまれている、日本美術史家・小林 忠先生の「週刊 ニッポンの浮世絵100 創刊記念文化講演会 ニッポンの浮世絵 ~世界最高のポップ・アートの魅力~」をYouTube「小学館チャンネル」にてオンライン開催いたしました。本日2020年12月25日より、視聴料無料でご視聴可能です。

 浮世絵研究の第一人者である小林先生が語る浮世絵の世界は、これまでの常識を覆す刮目の講座。コロナ禍でリアルな講演会がなかなか開催されない今、オンラインにて浮世絵の本当のスゴさをお教えしいたします!

 

講演内容は、

●喜多川歌麿のショッキングな女性の描き方は、どうして生まれたのか?

●役者絵の半身を組み合わせた東洲斎写楽の表現術は、何の影響だったのか?

●千円札やパスポートにも採用された葛飾北斎の「自然と人と神」三位一体とは?

●歌川広重の名作・東海道五拾三次「雪」の情景の細部をじっくり見てみると?

●27歳年上の北斎に歌川広重が「桶屋の富士」で競作を仕掛けた理由とは?

●奇想天外な画風で人気、歌川国芳の寄せ絵や上下絵の発想の原点がわかった?

ほか、約36分にわたり解説いたします。

 

週刊 ニッポンの浮世絵100 創刊記念文化講演会

 ニッポンの浮世絵~世界最高のポップ・アートの魅力~

YouTube「小学館チャンネル」にて配信

https://youtu.be/y68ukSwHF3E

 

2020年12月25日午前11時より公開

企画制作/小学館、主催/小学館・公益財団法人一ツ橋綜合財団

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

小学館ウイークリーブック

『週刊ニッポンの浮世絵100』

毎週木曜日発売!続々刊行中!!

価格:各巻700円(税込)

https://www.shogakukan.co.jp/pr/ukiyoe/

 

小林 忠先生監修『週刊 ニッポンの浮世絵100』は、浮世絵を日本美術を代表する世界最高のポップ・アートとして位置づけ、代表的な絵師50人と名作50点をカップリングし、その精髄を徹底的に読み解き、美しい図版で紹介いたします。「浮世絵五大名作新発見!」「浮世絵くらべる大図鑑」「浮世絵200%ギャラリー」「浮世絵をめぐるミステリー」「浮世絵探偵団」など、これまでの浮世絵本とは異なった斬新な視点から浮世絵を掘り下げ、浮世絵の意味や価値をわかりやすく解説。「浮世絵の舞台を歩く」「浮世絵逸品を買おう!」「浮世絵みるならこの美術館!」など、浮世絵を身近なものとして感じていただけるようなコーナーも充実。楽しくわかりやすく、浮世絵の魅力をお届けする全30巻。

 

現在発売中のラインナップは以下のとおり。

【創刊号】葛飾北斎・三代目大谷鬼次の江戸兵衛/特別付録「北斎名作マルチケース」

【2号】喜多川歌麿・見返り美人図

【3号】歌川広重・「百物語」さらやしき

【4号】東洲斎写楽・当時三美人

【5号】鈴木春信・「名所江戸百景」大はしあたけの夕立

【6号】歌川国芳・木曾路ノ奥阿彌陀ヶ瀧

【7号】歌川国貞・清水の舞台から飛ぶ美人

【8号】河鍋暁斎・初代中山富三郎の宮城野

【9号】月岡芳年・西瓜図

【10号】鳥居清長・「東海道五拾三次之内」庄野 白雨

【11号】相馬の古内裏・更衣美人図・歌川豊国・葛飾応為

【12号】市川鰕蔵の竹村定之進・「名所江戸百景」両国花火・菱川師宣・小林清親

【13号】大川楼上の月見・富士越龍図・勝川春章・魚屋北溪

 

2021年1月には、今回の講演でも題材にあがった浮世絵名画の特集号も発売。歌川国芳「みかけハこハゐがとんだいゝ人だ」(14号・1月7日発売予定)、喜多川歌麿「歌撰恋之部 物思恋」(16号・1月21日発売予定)

*創刊号には、葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」をデザインした「北斎名作マルチケース」が特別付録に付いて、税込700円(2号~30号も各巻・税込700円)。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■小林 忠(こばやし ただし)先生プロフィール

日本美術史家、学習院大学名誉教授、国際浮世絵学会会長、『國華』主幹、岡田美術館館長。雑誌『和樂』にて「教えてコバチュウ先生!日本美術入門三千字講座」を連載中。近著に『教えてコバチュウ先生!浮世絵超入門』、『教えてコバチュウ先生!琳派超入門』(ともに小学館刊)がある。『週刊 ニッポンの浮世絵100』監修者。