お知らせ

2019.10.28

去年のままじゃ通用しない!? 今年のアウター問題、解決します!『Oggi 12月号』

去年のままじゃ通用しない!? 今年のアウター問題、解決します!『Oggi 12月号』

ウール、ダウン、ビビットカラー・・・アウター大特集!

幸せはすべてなにげない日常のなかにある。

アラウンド30歳からの働く女性に向けて、シンプルでセンスのよい、ベーシックなファッションを提案する月刊誌。

トレンドを追いかけるのではなく、「着る人が素敵に見える」「本人も周りも心地よい」スタイルを追求しています。

 

最新12月号の表紙は、約1年ぶりの登場となる北川景子さん。

「カラーコートを選ぶなら、暖色より寒色。ブルーは自分にしっくりくる色ですね」とコートをひるがえす姿も様になります。

 

6Pのカバー特集33歳。今、最高にしなやかに、かっこよく! 北川景子 コートに包まれた彼女は・・・」では、大人の余裕を感じさせるリラクシーな着こなしを披露。

また、インタビューでは、彼女が「とても大事な時期だった」という30代はじめの3年間についてフォーカスしています。

仕事も人生も次のフェーズに入ってきた彼女の現在とは――?

 

これからおよそ4か月。

長く続く、寒い季節。

コーディネートの完成度を左右するのは、間違いなく、アウターです!

トレンドのバランス感も、私たちの気分も、これまでとは明らかに変わってきたこの冬、「今っぽさ」に直結するアウターの更新は、絶対に必要。

働くシーンに欠かせないウールコートはどこが変わった?

防寒力が頼りのダウンコートの大人の着こなしは?

休日に着たいカラーコートはどう選ぶ?

そして、長くなったボトムとコートのバランスは?

計34ページで、働く私たちの今年のアウターについて、厳選かつ深掘りしてお伝えします。

 

<大特集>

去年までのアウターじゃ、もうおしゃれが成立しません!

コートひとつで、かっこいいお姉さん

 

気温がグッと下がった、11月のある日。

コートを颯爽と着こなす、あの人に、目が奪われた――

・・・あ、そろそろ、コート着ようかな。

コートと5人の女

 

働く30歳からの「かっこいい私」的に、やっぱりいちばん出番が多いのが、ウールのコート。

「バサッと感」が決め手になる今年だから、これまでの細身で短め丈のコートじゃ、おしゃれが仕上がらないんです。

本命の色別で厳選しました!

「ロングのウールコート」こそ、更新しなくちゃ!

 

トレンドの追い風も相まって、今年はダウンのバリエーションがさらに豊富に!

シュッと見える着こなし&Oggi厳選の名品で、脱ほっこり!

ダウンはきれいめに着る、一択で!

 

主に週末稼働の2枚目コートは、「色はパキッと鮮やかでも、シンプルできれいめな形」が選びのルール!

キーンと澄んだ空気に、キリッと映えるビビットカラー。

マンネリしがちな冬ファッションを一新させる、大人にこそ似合う7色を提案します!

お休みの日は、「ビビットカラーのコート」があればもっと楽しい!

 

ボトムの丈が長く、ボリューミィになった今年の秋冬。

冬アウターを重ねたときに、裾はどれくらいなら見えてもいいの?

この冬の課題!

「コートから見えるボトムの長さ問題」研究します!

 

 

〝今日(オッジ)〟をイキイキと働く、すべての女性に読んでほしい企画、満載です。

 

『Oggi 12月号』試し読み

『Oggi』公式サイトはこちら

 

★こちらもオススメ!

顔の大きさ「ひと手間2分」でなんとかなります! 『美的 12月号』

〝エビちゃん〟の名場面を網羅したメモリアルなフォトブック!『YURI EBIHARA 2002-2019 THE DAYS』

中江有里さん絶賛!! 節操のない社会で働くすべての人へ送る新感覚同僚小説!『きみはだれかのどうでもいい人』

この秋冬のアイテムと着こなしをお届け!『RITA'S STANDARD スタイリスト高橋リタのシンプル&洗練ルール 秋冬』

スタイリスト金子綾「好き」の集大成!『a only.』

関連リンク