お知らせ

2017.12.28

「このマンガがすごい!2018オトコ編」(宝島社)第4位!! 『ちーちゃんはちょっと足りない』で知られる阿部共実の最新作『月曜日の友達』とは!?

この記事は掲載から10か月が経過しています。記事中の発売日、イベント日程等には十分ご注意ください。

「このマンガがすごい!2018オトコ編」(宝島社)第4位!! 『ちーちゃんはちょっと足りない』で知られる阿部共実の最新作『月曜日の友達』とは!?

『月曜日の友達』は、2017年に「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されていた阿部共実による作品です。

 

みんなが少しずつ大人びてくる中学1年生。そんな中であどけなさが抜けない女子・水谷茜。水谷はひょんなことから「俺は超能力が使える!」と突拍子もないことを言う同級生の男子・月野透と校庭で会う約束をする。決まって月曜日の夜に。

大人と子供のはざまのひとときの輝きを描く、まばゆく、胸がしめつけられるガールミーツボーイ物語。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月曜日の夜の校庭で、二人きりで会う水谷と月野。

 

 

 

思い切り走り、思い切り笑いたい、美しいものは美しい! 小学生のキモチのまま中学に上がった水谷茜は、自分を取り巻く環境の変化についていけず新学期を過ごします。そんな中、出会ったのは同じように周りに溶け込めない同級生・月野透。初めこそケンカ腰で向かっていく茜でしたが、ひょんなことから二人は月曜日の夜だけ、毎週会う約束をします。

秘密の時間と称して、夜の学校で超能力の実験をしたり、プールで遊んだり。誰も入ることができない空間は普段の何倍もの輝きを放ち、特別な時間の中で、お互いを通して友達という感覚を共有していきます。そして、その中で少しずつ成長していく茜…友達と自分の違い、家族との擦れ合い。月野との交流だけではなく、様々な人間関係の中で自分という存在を、好きになったり嫌いになったり。茜は自らの感性を通して、あくまでもマイペースで少しずつ相手の気持ちや周りの状況を知ってゆくのです。

自分のどこかにあるけれど、取り出せなくなった“何か"をたどりたい。この作品を読めば、そんなかつてのみずみずしい『感性』に指先が届くかもしれません。思い切りピュアな時間の中をもう一度泳ぎたい、そんなあなたにぜひおすすめしたい作品です。

 

ビッグコミックス

月曜日の友達』(阿部共実・著)

第1集絶賛発売中!!

完結第2集は2018年2月23日頃発売!!