お知らせ

2017.6.16

発行部数90万部突破!「売れた、売れたって、何がめでたい?」 ただのエッセイ集ではありません!! 佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』

発行部数90万部突破!「売れた、売れたって、何がめでたい?」 ただのエッセイ集ではありません!! 佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』

90年の艱難辛苦を乗り越えてきた、

佐藤愛子さんのユーモアを交えながら綴った人生賛歌!

 

発行部数90万部突破!

2017年上半期、日販とトーハン各ベストセラー総合第1位を獲得!

なにより、手にとって読んでくださった読者のみなさんの共感、絶賛の声が何より嬉しいです!

 

編集部に届いた読者ハガキは、今日までに1万通を超えました。

どのハガキにも、この本からいかに元気をもらったか、笑ったか、という熱のこもった文章がつづられています。

 

 

 

 

 ・諦めの大事さを痛感しました(79歳・男)

 ・笑い、涙、勇気、元気がたっぷり詰まっている(49歳・女)

 ・あまりの笑いに一日で読むのがもったいなくて、

  5日かけて読みました(77歳・女)

 ・ノンビリはやめてバタバタ生きるかな(68歳・女)

   母は100歳、私は79歳、「何がめでたい」の一言は

   とても重い(79歳・女)

 ・「なんじゃそりゃ!?」「どうとでもしろ!」

  「しらん!」と言い放つ勇気が湧いた(48歳・女)

 ・亡くなった母の声を聞きたくなりました(64歳・女)

 ・声に出して笑うので公共の場で読めない(40歳・女)

 ・母にプレゼントする前に読んで、クスクスゲラゲラ、

  私も憎まれ口を言いながら、

 ・母もガンバッテほしいと思いました(54歳・女)

 ・お嫁さんが買ってきてくれた。いい嫁さんです(94歳・女)

 ・全部ヤケクソが面白い、人生ヤケクソで行かないとダメだ(74歳・女)

 ・理不尽な人生だから生きる価値があると思った(44歳・女)

 ・年をとっても女性としてこんなにきれいで、思ったことをはっきり言える、

  素晴らしい生き方だと思いました(83歳・女)

 ・家に籠もりがちだった88歳の叔母が読んで、お化粧をして買い物に誘ってくれました。

  本を読んでから良いことだらけです(67歳・女)

 

その文面から垣間見える人生模様、決して良いことばかりではない人生のなかで、1冊の本に励まされ、前を向いていこうという喜びとエネルギーが感じられ、すべての皆さんに幸あれ! と願わずにはいられません!!

『九十歳。何がめでたい』佐藤愛子

 

関連リンク