お知らせ

2017.4.18

「NHKプロフェッショナル」に出演した、ヒグマを追って50年、久保俊治の『羆撃ち』

「NHKプロフェッショナル」に出演した、ヒグマを追って50年、久保俊治の『羆撃ち』

 1対1、ヒグマと対等の関係で50年間狩猟を続ける男 

猟銃とわずかな装備だけを手に、

北海道の大地のなかに身を置き続ける孤高のハンターが、

自然の驚異と知られざる野生動物の生態を

みずみずしい感性で描いたノンフィクション!

著者の久保俊治氏はいま知床半島でヒグマのみを追う

日本で唯一のハンター。1947年北海道小樽に生まれた著者は、

山歩きと狩猟が趣味だった父の影響で、20歳のときに狩猟免許を取得。

日本で唯一のヒグマハンターになりました。

 

‹‹就職のことなどは頭のすみをかすりもしなかった。

山には私の求める物がすべてあるような気がした。

辞書に「無鉄砲」という言葉が出ている。

意味は「是非や結果を考えずにむやみに行動すること。

また、そのさまや、そのような人」とある。

まさに将来の生活を考えずに、猟で生活してみたいと考え、

そうしはじめていた私そのものを表す言葉ともいえた››

 

自然と自分。獲物と自分。

通常のヒグマ撃ちは7~8人で行なうのがふつうですが、

著者は「対等の関係でいたいから」と50年近く

ヒグマと1対1で向き合ってきました。

そのリアリティに充ち満ちた狩猟から、

相棒の北海道犬「フチ」との出会い、アメリカ留学、帰国、

そしてふたたびの猟生活を類いまれなる感性で描いています。

「人間はなぜ他者の命を奪わなければ生きていけないのだろうか」。

この問いと向き合った魂のノンフィクション。

ページをめくりながら、心がふるえ、血がたぎります!!

小学館文庫 『羆撃ち』 著/久保俊治

関連リンク