テレビ・映画化

2015.9.17

13歳で家出、山奥に隠れ住み43年後に発見された「洞窟おじさん」の壮絶人生が、4回シリーズでドラマ化!

この記事は掲載から10か月が経過しています。記事中の発売日、イベント日程等には十分ご注意ください。

13歳で家出、山奥に隠れ住み43年後に発見された「洞窟おじさん」の壮絶人生が、4回シリーズでドラマ化!

 親の虐待から逃れ13歳で家出。山奥の洞窟に隠れ住み、想像を絶する人生を送りながら、43年後に57歳で“発見"された男の壮絶人生。でも、その生き様は、どこか笑えて、どこか温かくて、どこか胸を打つ!?

 まさに、事実は小説より奇なり! 実話をもとにした、ちょっと見たことの無いユニークなドラマです。

 

『洞窟おじさん 完全版』

NHK BSプレミアム 10月1日より毎週木曜よる9時 全4回

〔出演〕 リリー・フランキー、中村蒼、井上順、尾野真千子、生瀬勝久 ほか

番組特設サイトはこちら

 

 

【原作本が発売中!!】

2004年5月に刊行され、大きな話題となった『洞窟オジさん 荒野の43年』。あれから11年が経ち、現在著者は群馬県の障がい者施設に住み込みで働いていますが、その社会復帰していく11年間の足跡を大幅加筆した文庫版が新発売。「自分のため」ではなく、「他人のため」に生きる喜びを知ったオジさんの言葉は、きっと私たちの胸を打つことでしょう。

 

『洞窟オジさん』 加村一馬  小学館文庫 定価:本体630円+税

本書の内容はこちら

 

関連リンク