SAPIO一覧へ

SAPIO 8月号

SAPIO 8月号
ためし読み
定価
720円(税込)
発売日
2018/7/4
判型
A4変
JAN
4910140970889
世界を見れば日本が見える 歴史を見れば現代がわかる
世界で起きている最新情報を伝え、埋もれた歴史の真実に光を当てる。それがSAPIOです。気鋭のジャーナリスト、時代を代表する言論人の寄稿による特集記事から見えてくるのは、あなたが知らない「日本」と「日本人」の本当の姿です。
〈 目次 〉
・ 中国人の沖縄ツアー潜入記
ガイドは「日本人は舌が短い」「沖縄の50%は中国」と言いたい放題だった/西谷格
・ 現代へのメッセージ 9回出撃して9回生きて帰った不死身の特攻兵こそが日本の希望だ/鴻上尚史
・ 勇気 アメリカ本土を爆撃した唯一の男は米国大統領から勇気を讃えられた/倉田耕一
・ 救難活動 422名の英軍将兵の命を救った帝国海軍中佐の「武士道」/惠隆之介
・ 秘話公開 世界で讃えられる帝国軍人 東郷平八郎、乃木希典、栗林忠道、今村均、杉浦茂峰ほか
・ 91歳の生き証人 戦艦「大和」沈没後、漂流する海の中で「米軍に負けてなるものか」と思った/疇地哲 聞き手・構成 久野潤
・ 最後の帰還兵 スパイとして捕えられた父は中国共産党の拷問に耐え抜いた/深谷敏雄
・ 本土防衛 B29に二度も体当たりして撃墜 米兵が最も恐れた「はがくれ隊」/井上和彦
・ 沖縄戦 故郷・沖縄の村に火を放った10代「少年ゲリラ部隊」の葛藤/宮本雅史
・ 熱狂を歩く 第18回 マレーシアで見たクールジャパン 血税10億円乱費の現場(5月27-6月2日、クアラルンプール)/古谷経衡
・ 「殺しの柳川」が見た夢 第二回 韓国政府からマークされた司馬遼太郎との邂逅/竹中明洋
・ 「国際指名手配」郭文貴からのメッセージ 第二回 日本の「いちばんの財産」とは何か/構成 山久辺参一
・ 「現代に生きるファシズム」 佐藤優×片山杜秀 第一回 失墜した財務省と旧陸軍は同根である
・ 読まないと後悔する本 山折哲雄(宗教学者)が選ぶ日本人の死生観を考える7作
・ 江夏豊(野球解説者)が語る 我が人生の書棚
・ 火を使わない「加熱式たばこ」ならばOKの飲食店が増える理由/入江一
・ 提言 外国人の単純労働者受け入れには断固として反対する/森永卓郎
・ 人種のるつぼ なんと、20歳の87%が外国人の「国際カオス・タウン」大久保[1丁目]を歩いた/横田徹
・ 衝撃の実態 東京に出現した「75%が外国人の街」/三浦展
・ 地下ネットワーク 日本人が知らない在日ベトナム人の「犯罪SNS」に潜入した/出井康博
・ 彼らの事情 コンビニ外国人はなぜ4万人もいるのか?/芹澤健介
・ 問題摘出 外国人に日本の「健康保険」と「扶養控除[制度]」が食い物にされている/清水典之
・ 激変! 中国人の中国人による中国人のための「新チャイナタウン」西川口へ行ってみた/安田峰俊
・ 親日を巡る旅 第6回 カンボジアは“国の顔”紙幣に日の丸を描いた/井上和彦
・ 小林よしのり『ゴーマニズム宣言』選挙干渉は悪だったのか?
・ 大前研一『人間力の時代』
・ 黒田勝弘『ソウルの風』
・ 宮崎哲弥『食漫全席』
・ 川本三郎『平成百色眼鏡 見たり読んだり』
・ 小籔千豊『イキる力』
・ 業田良家『ガラガラポン! 日本政治』
・ 岩合光昭『動物眼鏡』
・ 「フロム・リーダーズ」、「SAPIO川柳」
〈 電子版情報 〉
SAPIO 8月号
Jp-e : 09Z948080000d0000000
世界を見れば日本が見える 歴史を見れば現代がわかる

世界で起きている最新情報を伝え、埋もれた歴史の真実に光を当てる。それがSAPIOです。気鋭のジャーナリスト、時代を代表する言論人の寄稿による特集記事から見えてくるのは、あなたが知らない「日本」と「日本人」の本当の姿です。

※電子版には付録はつきません。
※電子版からは応募できない懸賞などがございます。
※電子版では、掲載されないページや、一部マスキングしている写真、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。
※この作品はカラー版です。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

あなたにオススメ!

  • 紛争地の看護師
  • カルピスをつくった男 三島海…
  • タイワニーズ 故郷喪失者の物…
  • 女政治家の通信簿
  • 平成史

発売日でさがす一覧へ