神保町シアター

上映中の特集企画

映画で銀ぶら――銀幕の銀座

*一部の作品に画・音の不良箇所がありますことを予めお詫び申しあげます

「デジタル上映」の記載がない作品は、全て35mmフィルムでの上映となります

1. 銀座カンカン娘

S24('49)/新東宝/白黒/1時間8分

監督:島耕二脚本:山本嘉次郎、中田晴康撮影:三村明音楽:服部良一美術:河野鷹思出演:高峰秀子、笠置シヅ子、灰田勝彦、古今亭志ん生、岸井明、浦辺粂子

隠居した落語家の家に居候する二人の娘は芸術家志望。ある日二人は、映画のエキストラで知り合った青年に誘われて銀座のバーで歌うことに…。笠置、灰田、岸井の歌声と、五代目志ん生の名人芸も貴重な愛すべき一本。

*デジタル上映

6月11日(土)11:00
6月12日(日)17:45
6月13日(月)16:30
6月15日(水)14:15
6月16日(木)12:00
6月17日(金)19:15

©国際放映

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

2. 東京の恋人

S27('52)/東宝/白黒/1時間37分

監督:千葉泰樹脚本:井手俊郎、吉田二三夫撮影:飯村正音楽:飯田信夫美術:北猛夫、浜上兵衛出演:原節子、三船敏郎、杉葉子、小泉博、森繁久彌、清川虹子、沢村貞子

銀座の路上で似顔絵描きをしているユキ(原)と仲間たちは、ある宝石店のニセ指輪騒動に巻き込まれる――。森繁や三船ら豪華な顔ぶれで展開する軽妙洒脱な群像コメディ。珍しいパンツルックの原と、勝鬨橋開閉の映像は貴重。

6月11日(土)13:15
6月12日(日)11:00
6月13日(月)19:15
6月15日(水)16:30
6月16日(木)14:15
6月17日(金)12:00

©1952東宝

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

3. 夜の蝶

S32('57)/大映東京/カラー/1時間30分

監督:吉村公三郎原作:川口松太郎脚本:田中澄江撮影:宮川一夫音楽:池野成美術:間野重雄出演:京マチ子、山本富士子、船越英二、山村聡、芥川比呂志、小沢栄太郎

銀座に実在した伝説的クラブ「おそめ」と「エスポワール」のマダムをモデルにした川口松太郎の小説の映画化。政財界の社交場として栄えた最盛期の銀座で、夜の街の蝶となった女たちの哀歓を描く。二大女優の競演も見もの。

6月11日(土)15:30
6月12日(日)13:15
6月13日(月)12:00
6月15日(水)19:15
6月16日(木)16:30
6月17日(金)14:15

©KADOKAWA1957

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

4. 銀座の恋の物語

S37('62)/日活/カラー/1時間33分

監督:蔵原惟繕脚本:山田信夫、熊井啓撮影:間宮義雄音楽:鏑木創美術:松山崇出演:石原裕次郎、浅丘ルリ子、ジェリー藤尾、江利チエミ、清水将夫、和泉雅子

裕次郎の大ヒット曲の映画化。銀座の裏町暮らしで画家を志す伴次郎(裕次郎)は、洋装店のお針子・久子(浅丘)と結婚の約束をしていたが、ある日、久子が交通事故で記憶を失くしてしまう…。まさに昭和の憧れの銀座がここにある!

6月11日(土)17:45
6月12日(日)15:30
6月13日(月)14:15
6月15日(水)12:00
6月16日(木)19:15
6月17日(金)16:30

©日活

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

5. 銀座二十四帖

S30('55)/日活/白黒/1時間57分

監督:川島雄三原作:井上友一郎脚本:柳沢類寿撮影:横山実音楽:仁木他喜雄美術:中村公彦出演:月丘夢路、三橋達也、北原三枝、大坂志郎、浅丘ルリ子、河津清三郎

幼少期に自身の少女像を描いてくれた画家を探すため、その絵を銀座の画廊に持ち込んだ和歌子(月丘)は、街の顔役・コニイ(三橋)の手も借りて画家を探すが…。終戦から10年、見事に復興した銀座の姿を川島が活写する。

*デジタル上映

6月18日(土)11:00
6月19日(日)17:45
6月20日(月)16:30
6月21日(火)14:15
6月22日(水)12:00
6月23日(木)19:15
6月24日(金)16:30

©日活

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

6. 有楽町で逢いましょう

S33('58)/大映東京/カラー/1時間37分

監督:島耕二原作:宮崎博史脚本:笠原良三撮影:秋野友宏音楽:大森盛太郎美術:仲美喜雄出演:京マチ子、菅原謙二、川口浩、野添ひとみ、北林谷栄、叶順子、浪花千栄子

百貨店「有楽町そごう」の開店記念プロモーションで製作された映画で、そごう店内でも撮影が行われた。有楽町ですれ違う男女の恋模様を描いた群像劇で、思わず口ずさんでしまう主題歌も大ヒット。当時の流行ファッションも楽しめる。

6月18日(土)13:25
6月19日(日)11:00
6月20日(月)19:15
6月21日(火)16:40
6月22日(水)14:25
6月23日(木)12:00
6月24日(金)19:15

©KADOKAWA1958

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

7. 二階堂卓也  銀座無頼帖 銀座旋風児

S34('59)/日活/カラー/1時間23分

監督:野口博志原作:川内康範脚本:川内康範撮影:永塚一栄音楽:小川寛興美術:小池一美出演:小林旭、浅丘ルリ子、青山恭二、稲垣美穂子、白木マリ、南風夕子、宍戸錠

銀座を根城にする装飾デザイナーの二階堂卓也(小林)は、神出鬼没な色男で通称“旋風児”。ある日、謎の中国人ボスの悪事を目撃し…。アキラがスマートな身のこなしで魅了する都会派アクションシリーズ「銀座旋風児」第一作。

6月18日(土)15:30
6月19日(日)13:15
6月20日(月)12:00
6月21日(火)19:15
6月22日(水)16:30
6月23日(木)14:15
6月24日(金)12:00

©日活

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

8. 銀座の恋人たち

S36('61)/東宝/カラー/1時間40分

監督:千葉泰樹脚本:井手俊郎撮影:内海正治音楽:斎藤一郎美術:河東安英出演:宝田明、団令子、草笛光子、水原弘、加山雄三、原知佐子、小泉博

銀座のとある通りに2軒並ぶ小料理屋と喫茶店。母と小料理屋を切り盛りする民子(団)は、喫茶店の息子で今は親友の夫となった光夫(宝田)への思いを断ち切れずにいた…。東宝の若手スターが顔を揃える華やかな恋愛群像劇。

6月18日(土)17:45
6月19日(日)15:30
6月20日(月)14:15
6月21日(火)12:00
6月22日(水)19:15
6月23日(木)16:30
6月24日(金)14:15

©1961東宝

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

9. 銀座化粧

S26('51)/新東宝/白黒/1時間27分

監督:成瀬巳喜男原作:井上友一郎脚本:岸松雄撮影:三村明音楽:鈴木静一美術:河野鷹思出演:田中絹代、香川京子、花井蘭子、清川玉枝、堀雄二、三島雅夫

銀座のバーに勤めながら女手一つで息子を育てる雪子(田中)は、地方からやってきた資産家の東京案内を頼まれ、相手にほのかな思いを寄せるが…。戦後間もない銀座・裏町の長屋の風景が郷愁を誘う東京映画の名作。

*デジタル上映

6月25日(土)11:00
6月26日(日)17:45
6月27日(月)16:30
6月28日(火)14:15
6月29日(水)12:00
6月30日(木)19:15
7月1日(金)14:15

©国際放映

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

10. 銀座のお姐ちゃん

S34('59)/東宝/カラー/1時間37分

監督:杉江敏男脚本:白坂依志夫撮影:完倉泰一音楽:神津善行美術:河東安英出演:団令子、重山規子、中島そのみ、仲代達矢、山田真二、越路吹雪、上原謙

週刊誌の編集部員・パンチ(団)、社長令嬢のピンチ(中島)、モデルのセンチ(重山)――銀座の街を恋に仕事に駆け巡る、オシャレで愉快な青春ラブコメディ!――おきゃんな三人娘が活躍する「お姐ちゃんシリーズ」第二作。

6月25日(土)13:15
6月26日(日)11:00
6月27日(月)19:15
6月28日(火)16:30
6月29日(水)14:15
6月30日(木)12:00
7月1日(金)16:30

©1959東宝

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

11. その場所に女ありて

S37('62)/東宝/カラー/1時間35分

監督:鈴木英夫脚本:升田商二、鈴木英夫撮影:逢沢譲音楽:池野成美術:竹中和雄出演:司葉子、宝田明、山崎努、原知佐子、水野久美、森光子、児玉清

銀座の広告会社に勤める律子(司)は、男に貢いで身を持ち崩す姉を気に掛けながらも、ライバル会社と火花を散らす日々を送っていた――。女性の社会進出がまだまだ乏しい60年代のキャリアウーマン群像を描いた女性映画の傑作。

6月25日(土)15:30
6月26日(日)13:15
6月27日(月)12:00
6月28日(火)19:15
6月29日(水)16:30
6月30日(木)14:15
7月1日(金)19:15

©1962東宝

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

12. 二人の銀座

S42('67)/日活/白黒/1時間20分

監督:鍛冶昇原作:雪室俊一脚本:才賀明撮影:山崎善弘音楽:林一美術:木村威夫出演:山内賢、和泉雅子、和田浩治、小林哲子、杉山元、尾藤イサオ、ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

ミュージシャン志望の健一(山内)は、偶然拾った楽譜を自作の曲と偽りバンドで演奏して評判となるが、楽譜の落とし主・マコ(和泉)が現れ…。大ヒット主題歌も最高の音楽青春篇。ブルー・コメッツら懐かしのスターの演奏場面も魅力。

6月25日(土)17:45
6月26日(日)15:30
6月27日(月)14:15
6月28日(火)12:00
6月29日(水)19:15
6月30日(木)16:30
7月1日(金)12:00

©日活

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

13. 西銀座駅前

S33('58)/日活/白黒/52分

監督・脚本:今村昌平撮影:藤岡粂信音楽:中川洋一美術:中村公彦出演:柳沢真一、堀恭子、西村晃、山岡久乃、初井言栄、小沢昭一、フランク永井

妻が営む薬局で働くうだつの上がらない重太郎(柳沢)は、昔の恋人の妄想で悩まされていた。ある日、荒療治に浮気をすすめられるが…。巨匠・今村昌平の監督二作目は、フランク永井のヒット曲をモチーフにした歌謡コメディ。

7月2日(土)11:00
7月3日(日)17:45
7月4日(月)16:30
7月5日(火)14:15
7月6日(水)12:00
7月7日(木)19:15
7月8日(金)12:00

©日活

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

14. 女が階段を上る時

S35('60)/東宝/白黒/1時間51分

監督:成瀬巳喜男脚本:菊島隆三撮影:玉井正夫音楽:黛敏郎美術:中古智出演:高峰秀子、森雅之、仲代達矢、加東大介、小沢栄太郎、淡路恵子

夫と死別し、銀座のバーの雇われマダムとなった圭子(高峰)は、打算渦巻く夜の世界に馴染めずにいた…。成瀬が描く夜の街映画の傑作。生きるために階段を上らねばならない女の心淋しさが滲み出る高峰の名演技は絶品。

7月2日(土)13:15
7月3日(日)11:00
7月4日(月)19:15
7月5日(火)16:30
7月6日(水)14:15
7月7日(木)12:00
7月8日(金)14:15

©1960東宝

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

15. 俺は銀座の騎兵隊

S35('60)/日活/カラー/1時間18分

監督:野口博志原作:原健三郎脚本:山崎巌撮影:永塚一栄音楽:三保敬太郎美術:小池一美出演:和田浩治、清水まゆみ、守屋浩、岡田真澄、二本柳寛、筑波久子、近藤宏

銀座に流れ着いた風来坊・三郎(和田)は、喧嘩もドラムも競馬も得意で、ごろつきたちの人気者になった。ある日、ごろつき仲間の寝床を荒らした土地開発業者の悪事を知り…。路上で舶来品を売る謎の女・初井言栄がイカす!

7月2日(土)15:30
7月3日(日)13:15
7月4日(月)12:00
7月5日(火)19:15
7月6日(水)16:30
7月7日(木)14:15
7月8日(金)16:30

©日活

「映画で銀ぶら――銀幕の銀座」上映作品リストへ

16. 花影

S36('61)/東京映画=東宝/カラー/1時間39分

監督:川島雄三原作:大岡昇平脚本:菊島隆三撮影:岡崎宏三音楽:池野成美術:小島基司出演:池内淳子、佐野周二、池部良、高島忠夫、三橋達也、淡島千景、山岡久乃

原作は、作者である大岡本人も親交があった文壇バーの有名ホステスをモデルにした、よろめき文学の最高峰。恋に身を焦がし、儚くも情熱的に生きた一人の女性の恋愛遍歴を辿る。女の哀しみを体現した池内淳子の凄みある演技は圧巻。

7月2日(土)17:45
7月3日(日)15:30
7月4日(月)14:15
7月5日(火)12:00
7月6日(水)19:15
7月7日(木)16:30
7月8日(金)19:15

©1961東宝