神保町シアター

次回の特集企画

一度はスクリーンで観ておきたい――
忘れられない90年代映画たち

*一部の作品に画・音の不良箇所がありますことを予めお詫び申しあげます

「デジタル上映」の記載がない作品は、全て35mmフィルムでの上映となります

=配信・DVD/Blu-ray化なし(*2024年5月現在/神保町シアター調べ)の作品です

1. 就職戦線異状なし  

H3('91)/フジテレビジョン/カラー/1時間43分

監督:金子修介原作:杉元伶一脚本:福田卓郎、金子修介撮影:高間賢治音楽:大谷幸美術:及川一出演:織田裕二、仙道敦子、的場浩司、和久井映見、羽田美智子、坂上忍

新卒採用が売り手市場だったバブル期の大学生たちの就活事情をコミカルに描いた青春グラフィティ。ノリにノッてる織田裕二の存在感は圧倒的で、槇原敬之が歌う主題歌も強い印象を残した。

6月29日(土)13:15
6月30日(日)18:10
7月1日(月)16:50
7月2日(火)14:15
7月3日(水)19:15
7月4日(木)16:50
7月5日(金)14:15

©フジテレビジョン

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

2. 大失恋。

H7('95)/東映=東映ビデオ=東北新社/カラー/1時間43分

監督:大森一樹原作:清水ちなみ脚色:尾崎将也、大森一樹撮影:渡部眞音楽:加藤和彦美術:小澤秀高出演:菅野美穂、山口智子、瀬戸朝香、鈴木京香、森且行、西島秀俊、萩原聖人

一般女性たちから募った失恋体験のエピソード集をオムニバス形式で映画化。ある遊園地を舞台に、8つの失恋を同時進行で描く。90年代を代表するスター俳優が総出演し、その豪華な顔ぶれだけでも見応え十分。

6月29日(土)15:30
6月30日(日)13:15
7月1日(月)19:15
7月2日(火)16:30
7月3日(水)14:15
7月4日(木)19:15
7月5日(金)16:30

©東映・東北新社・東映ビデオ

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

3. ベル*エポック  

H10('98)/フジテレビ/カラー/2時間10分

監督:松岡錠司原作:逢坂えみこ脚本:松岡錠司、福田卓郎撮影:石井勲音楽:梅林茂美術:及川一出演:石田ひかり、鷲尾いさ子、白島靖代、篠原涼子、鈴木京香、筒井道隆、田辺誠一

20代半ばを過ぎ、恋愛や仕事に悩み迷う5人の女性たちの群像劇。繊細な心情描写に定評のある8ミリ映画出身の松岡錠司が、揺れる女性たちを瑞々しく映し出す。ラストの風吹き荒れる結婚式が印象的。

6月29日(土)17:45
6月30日(日)15:30
7月1日(月)14:15
7月2日(火)19:00
7月3日(水)16:30
7月4日(木)14:15
7月5日(金)19:00

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

4. エンジェル  僕の歌は君の歌  

H4('92)/キャストス=日本テレビ放送網=東宝/カラー/1時間51分

監督:渡邊孝好原案:関顕嗣脚本:長谷川康夫撮影:高間賢治音楽:澤近泰輔美術:金田克美出演:織田裕二、和久井映見、大地真央、小木茂光、星由里子、川谷拓三、三木のり平

別れた恋人が1週間後に死ぬことを偶然知ってしまい、運命を変えようと奔走する主人公を織田が情熱的に演じた恋愛ファンタジー。主題歌に起用されたエルトン・ジョンの名曲と共に、忘れ難い感動作。

7月6日(土)13:15
7月7日(日)18:00
7月8日(月)16:40
7月10日(水)14:15
7月11日(木)19:15
7月12日(金)16:40

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

5. 乳房  

H5('93)/西友=東映=東北新社/カラー/57分

監督:根岸吉太郎原作:伊集院静脚本:斎藤博撮影:丸池納音楽:野力奏一美術:中澤克巳出演:小林薫、及川麻衣、竹中直人、戸川純、金久美子、滝沢涼子

飲む打つ買うの三拍子が揃った不良中年と、白血病を患った恋女房との、美しくも哀しい恋愛譚。伊集院静の自伝的短編の映画化で、渋い演技で人気の名脇役・小林薫が色気全開で主演した。

7月6日(土)15:30
7月7日(日)13:15
7月8日(月)19:15
7月10日(水)16:30
7月11日(木)14:15
7月12日(金)19:15

©東映・東北新社

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

6. ラストソング  

H6('94)/東宝=フジテレビ/カラー/2時間

監督:杉田成道脚本:野沢尚撮影:加藤雄大音楽:ニッキー・ホプキンス美術:小川富美夫出演:本木雅弘、吉岡秀隆、安田成美、倍賞美津子、石坂浩二

テレビドラマ「北の国から」の演出家として知られる杉田の映画2作目。ロックスターを夢見て博多から上京した二人の青年を、今では日本を代表する名優の本木、吉岡が鮮烈に演じた。

7月6日(土)17:45
7月7日(日)15:30
7月8日(月)14:15
7月10日(水)19:15
7月11日(木)16:30
7月12日(金)14:15

©TOHO CO.,LTD

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

7. 新  居酒屋ゆうれい  

H8('96)/東宝=テレビ朝日=東北新社=ケイファクトリ−/カラー/1時間54分

監督:渡邊孝好原作:山本昌代『居酒屋ゆうれい』脚本:田中陽造撮影:藤澤順一音楽:梅林茂美術:稲垣尚夫出演:舘ひろし、鈴木京香、松坂慶子、生瀬勝久、中村有志、根岸季衣、津川雅彦

前作『居酒屋ゆうれい』から監督・脚本は続投し、出演者を一新したリメイク版。舞台となる居酒屋の下町情緒も最高で、死んだ前妻の幽霊に翻弄される主人公を舘が愛嬌たっぷりに演じた。

7月13日(土)13:15
7月14日(日)18:00
7月15日(祝・月)15:30
7月16日(火)14:15
7月17日(水)19:15
7月18日(木)16:30
7月19日(金)19:15

©TOHO CO.,LTD

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

8. Lie lie Lie  

H9('97)/東映=ポニーキャニオン=博報堂/カラー/2時間3分

監督:中原俊原作:中島らも『永遠も半ばを過ぎて』脚本:伊丹あき、猿渡學撮影:藤澤順一音楽:吉俣良美術:稲垣尚夫出演:佐藤浩市、豊川悦司、鈴木保奈美、河合みわこ、中村梅雀、本田博太郎

不眠症の写植技師(佐藤)が夢遊状態で書いた小説を「幽霊が書いた小説」として売り出そうと、三流詐欺師(豊川)と自暴自棄の女編集者(鈴木)は策を講じる――。奇想天外な“らもワールド”の映画化。

7月13日(土)15:40
7月14日(日)13:15
7月15日(祝・月)17:50
7月16日(火)16:40
7月17日(水)14:15
7月18日(木)19:15
7月19日(金)14:15

©東映・ポニーキャニオン・博報堂

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

9. フレンチドレッシング  

H10('98)/大映/カラー/1時間40分

監督・脚本:斎藤久志原作:やまだないと撮影:林淳一郎音楽:シーガル・スクリーミング・キス・ハー・キス・ハー美術:丸尾知行出演:櫻田宗久、唯野未歩子、阿部寛、留美、南周平、丹治匠

90年代アイコンとして絶大な人気を誇ったモデル・櫻田宗久と、ミニシアター系邦画のミューズだった唯野未歩子が主演した、奇跡のような異色青春映画。国内外の映画祭で高く評価された。

7月13日(土)18:10
7月14日(日)15:50
7月15日(祝・月)13:15
7月16日(火)19:15
7月17日(水)16:50
7月18日(木)14:15
7月19日(金)16:50

©KADOKAWA1998

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

10. スキ!  

H2('90)/東宝=プルミエインターナショナル/カラー/1時間32分

監督:渡邊孝好脚本:野島伸司撮影:小野寺真音楽:羽田健太郎美術:石井巌出演:大江千里、島崎和歌子、藤田朋子、大竹まこと、森口瑤子、菅井きん

90年代に活躍した監督の一人、渡邊孝好の長編第二作。デビュー作に続き脚本・野島とのタッグで描く、疫病神の少女と大災難の男の恋愛コメディ。映画初主演の島崎の弾ける美少女ぶりに驚いて!

7月20日(土)17:45
7月21日(日)13:15
7月22日(月)16:30
7月24日(水)14:15
7月25日(木)19:15
7月26日(金)16:30

©TOHO CO.,LTD

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

11. お墓と離婚  

H5('93)/日本ビクター=日本ヘラルド映画/カラー/1時間47分

監督:岩松了脚本:香川まさひと撮影:藤沢順一音楽:周防義和美術:部谷京子出演:小林薫、田中好子、忌野清志郎、左幸子、前川麻子、田口トモロヲ

妻との関係に悩むお墓のセールスマンを主人公に、彼を取り巻く風変りな人々の日常をユーモア交じりに描いたシュールな群像劇。お墓を買いに来た奇人役の忌野清志郎は本作が映画初出演。

7月20日(土)13:15
7月21日(日)15:30
7月22日(月)19:15
7月24日(水)16:30
7月25日(木)14:15
7月26日(金)19:15

©KADOKAWA1993

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

12. ラブ・レター

H10('98)/松竹=衛星劇場/カラー/1時間48分

監督:森蕪原作:浅田次郎脚本:中島丈博、森蕪撮影:浜田毅音楽:松村禎三美術:重田重盛出演:中井貴一、耿忠、山本太郎、根津甚八、大地康雄、倍賞美津子、柄本明

歌舞伎町の裏ビデオ店の店長・高野(中井)は、ひょんなことから見ず知らずの中国人女性と偽装結婚をするが、その女性の訃報を受け…。鬼才・森浮ェ描く感涙必至の異色のラブストーリー。

7月20日(土)15:30
7月21日(日)17:45
7月22日(月)14:15
7月24日(水)19:15
7月25日(木)16:30
7月26日(金)14:15

©松竹/衛星劇場

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

13. 八月の狂詩曲(ラプソディー)

H3('91)/黒澤プロダクション/カラー/1時間38分

監督・脚本:黒澤明原作:村田喜代子『鍋の中』撮影:斎藤孝雄音楽:池辺晋一郎美術:村木与四郎出演:村瀬幸子、リチャード・ギア、吉岡秀隆、井川比佐志、大寶智子、伊崎充則

原爆を体験し長崎の山村に暮らす老女のもとに、4人の孫たちが夏休みを過ごすためにやってきて…。反戦と平和への祈りを静かに訴えかける黒澤晩年の珠玉作。リチャード・ギアの出演も話題となった。

7月27日(土)16:10
7月28日(日)13:35
7月29日(月)11:30
7月30日(火)19:15
7月31日(水)11:30
8月1日(木)16:40
8月2日(金)19:15

©1991松竹

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

14. 学校

H5('93)/松竹=日本テレビ放送網=住友商事/カラー/2時間8分

監督:山田洋次脚本:山田洋次、朝間義隆原案シナリオ:廣澤栄撮影:高羽哲夫、長沼六男音楽:富田勲美術:出川三男、横山豊出演:西田敏行、竹下景子、萩原聖人、中江有里、裕木奈江、田中邦衛、渥美清

4作製作されたシリーズの第1作。夜間中学校を舞台に、様々な事情を抱えながらも学ぼうと努力する人々を描いた社会派群像劇。裕木、萩原、中江ら当時の主演級の若手実力派俳優らにもご注目。

7月27日(土)13:30
7月28日(日)11:00
7月29日(月)19:00
7月30日(火)16:30
7月31日(水)13:45
8月1日(木)19:00
8月2日(金)16:30

©1993松竹/日本テレビ放送網/住友商事

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

15. うなぎ

H9('97)/ケイエスエス=衛星劇場=グルーヴコーポレーション/カラー/1時間57分

監督:今村昌平原作:吉村昭『闇にひらめく』脚本:冨川元文、天願大介、今村昌平撮影:小松原茂音楽:池辺晋一郎美術:稲垣尚夫出演:役所広司、清水美砂、常田富士男、倍賞美津子、小沢昭一、市原悦子、柄本明

浮気した妻を殺した罪で服役し出所した男は、謎の女を助けるが…。今村が二度目のカンヌ映画祭パルムドールに輝いた名作。うなぎだけに心を開く男を演じた役所は、高く評価され日本を代表する俳優に。

7月27日(土)11:00
7月28日(日)18:00
7月29日(月)16:15
7月30日(火)13:50
7月31日(水)16:30
8月1日(木)11:30
8月2日(金)13:50

©1997Softgarage/松竹ブロードキャスティング/ケンメディア

「一度はスクリーンで観ておきたいーー忘れられない90年代映画たち」上映作品リストへ

16. 鉄道員(ぽっぽや)

H11('99)/「鉄道員」製作委員会/カラー/1時間52分

監督:降旗康男原作:浅田次郎脚本:岩間芳樹、降旗康男撮影:木村大作音楽:国吉良一美術:福澤勝広出演:高倉健、小林稔侍、大竹しのぶ、広末涼子、奈良岡朋子、田中好子、志村けん

直木賞受賞作でベストセラーの映画化。廃線寸前のローカル線の終着駅を舞台に、定年間近の駅長に起きたある奇跡を描く感動大作。当時アイドル的存在だった広末が高倉の娘役を見事に演じた。

*デジタル上映

7月27日(土)18:15
7月28日(日)15:40
7月29日(月)13:45
7月30日(火)11:30
7月31日(水)19:15
8月1日(木)14:15
8月2日(金)11:30

©1999「鉄道員」製作委員会