小学館文庫

セシルのビジネス

セシルのビジネス

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012.8.3
Jp-e
094087080000d0000000
〈 電子版情報 〉
元「ダ・ヴィンチ」編集長が書いた長編小説

聡子は32歳、6度目の結婚記念日に夫から離婚を切り出され、あっさりと承諾する。かねてから結婚に希望も安寧も求めていなかった聡子は、離婚後の自らの経済基盤を確立するため、男子大学生を相手にした「テレフォン・アドバイザー」というビジネスを始める。それは、「セシル」と名乗り、1日2回、「客」である男性に電話をかけ、世間話をしたり相談に乗ったりするというものだ。母親や友人も巻き込み、新しいビジネスは順調に推移するかに見えたが、突然、彼女の前に「客」のひとりである池内太郎という大学生が現われ、彼女の生活は急転する。

発売日でさがす一覧へ