小学館文庫

ある意味、ホームレスみたいなものですが、なにか?

ある意味、ホームレスみたいなものですが、なにか?

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017.5.19
Jp-e
094085640000d0000000
〈 電子版情報 〉
異色のエンターテインメント家族小説!

比良山家は、文也が大学二年生のときから三年間引きこもり、妹の結美が、中学でイジメにあってからグレてしまった19歳。母親の智恵子は,文也が引きこもってしまってからアルコール依存症になり、会社員である父親の浩三は、影の薄い存在だったが最近家に帰っていない、という「崩壊家族」だった。
 そこに、父親が借りた借金の返済を求め、ヤクザの岩田がやってくる。岩田は家に居座ると宣言し、やりたい放題を行う。父親探しを命じられ、文也は否応なしに外に出る。妹や母親も、岩田の強引な指図に従ううちに、だんだんとフツーになっていき、いつしか岩田を中心に団欒らしきものが生まれていた。
 そして、浩三はこれまで大きな悩みを抱えて生きてきたことが明らかになる。父親の居場所を聞いた文也と結美は、彼の元を訪ねていくのだった。意表を突く展開、ブラックなユーモア、異色の家族小説。
 第9回小学館文庫小説賞優秀賞受賞作。

発売日でさがす一覧へ