小学館文庫

うちの宿六が十手持ちですみません

うちの宿六が十手持ちですみません

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021.2.5
Jp-e
094068730000d0000000
〈 電子版情報 〉
可愛さ余って憎さ百倍――でも、愛してる!

江戸は柳橋で一番人気の芸者・菊弥は、男まさりで気風がよい。芸は売っても身は売らないを地でいっている。

そんな芸者仲間からの信頼も厚い菊弥だけれど、ただ一つだけ欠点がある。実は、根っからの「ダメ男好き」なのだ。

恋人で岡っ引きの北斗は、誰がどこからどう見ても、「ダメ男」。しかも、自分は「デキる男」と深く思い込んでいる。なのに、菊弥は恋心が全然吹っ切れない。

その「ダメ男」で恋人の北斗が、「菊弥馴染みの大店が盗賊に狙われている」と知らせにやって来た。もちろん、しっかり小遣いをねだるのを忘れないところが、腹が立つ。

事件を解決しようとしているのか、それとも、引っかき回そうとしているのか分からない、飄々とした北斗の姿を見て、菊弥はひとり呟くのだった――。

「世間のみなさま、すみません」

新進気鋭の人気作家が描く、ほのぼのお笑い捕物帖第一弾!

発売日でさがす一覧へ