小学館文庫

徒目付 情理の探索 無双のよろめき

徒目付 情理の探索 無双のよろめき

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020.12.8
Jp-e
094068540000d0000000
〈 電子版情報 〉
人情と道理で真実を導き、悪を成敗する!

「拙者が斬った。相違ない」

駆けつけた公儀徒目付の望月丈ノ介に、道場主の大瀬良玄蕃が淡々と答えた。倒れているのは、師範代の安井勘兵衛と門人筆頭の小川庄助だった。

大瀬良によれば、道場改築後、門戸を広げるべきと主張する安井と、少数精鋭を貫くべきと譲らない小川が言い争いとなり、逆上した安井が小川を斬り捨て、さらに己にまで刃を向けてきたという。

そこで大瀬良は止むを得ず、安井を斬ったのだった――。安井は大番組頭を辞してまで、道場創立に尽力。また、大瀬良の妹である美和を嫁に迎えている。

一方の小川は、三十俵二人扶持の御家人で、剣の求道者のようであったらしい。検分を終えた丈ノ介は、さっそく相棒の福原伊織に報告したのはいいが、「大瀬良の話を鵜呑みにしただけだ」と辛辣な言葉を投げかけられてしまう……。

御前試合で五連覇を達成し、天下無双と称賛された大瀬良をどのように裁くのか? 情に厚い剣術遣いと、抜群の知恵をもつ甘味好きの二人組が難事件を快刀乱麻する、書き下ろし時代小説!

発売日でさがす一覧へ