演劇 折り折りの記

演劇 折り折りの記
定価
3080円(税込)
発売日
判型/頁
*****/486
ISBN
9784900256637
〈 書籍の内容 〉
NHKの放送現場で昭和20年代から主としてドラマの製作、演出にたずさわってきた著者は、その一方で歌舞伎、新派、前進座、新国劇、商業演劇などの舞台を60余年にわたって見つめつづけ、その折り折りに思うところを書き留めてきた。
本書は、これまでに書き綴った評論、随筆、劇評などから70余篇を収載し、更に戦前から戦後へと20世紀を駆け抜けてきた著者の“過ぎこし方"を一文にまとめて巻末に載せている。
これまで放送、舞台に傾倒してきた著者の情熱が脈打っている一冊である。

あなたにオススメ!

  • 郡司正勝劇評集
  • 心・魂・情・念のうねり
  • 演劇散歩
  • 近代歌舞伎劇評家論
  • 私の出会えた名優たち
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ