二代目實川延若と三代目中村梅玉

二人の名優

二人の名優
定価
1980円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/336
ISBN
9784861840081
〈 書籍の内容 〉
名優二人の芸と昭和の上方歌舞伎を綴る
歌舞伎エンターテインメント誌・月刊「演劇界」で一年間連載した、山田庄一氏と渡辺保氏の対談「上方歌舞伎の名舞台」を単行本化。劇評家・渡辺保氏を聞き手に、戦前から歌舞伎を見続けている演出家の山田庄一氏が、上方を代表する名優――二代目實川延若と三代目中村梅玉――の至極の芸を、それぞれの役を取り上げながら語ります。 二人の芸を中心に、昭和初期の上方歌舞伎を知る貴重な記録となる一冊です。
 収録演目は、仮名手本忠臣蔵/義経千本桜/鎌倉三代記/盛綱陣屋/夏祭浪花鑑/本朝廿四孝/十種香/熊谷陣屋・沼津/山田庄一が綴る二人の芸、他。演目ごとの、当時の貴重な舞台写真も掲載されています。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
時代物、世話物問わず、幅広い芸域で二枚目や実悪、女形も演じ、昭和初期の上方歌舞伎を牽引した二代目實川延若。初代鴈治郎の相手役として数々の名舞台を残し、終戦後は六代目尾上菊五郎の相手役も勤め、東京でも絶賛された三代目梅玉。映像で見ることは叶わない名優たちの芸が、実際にその舞台が目に浮かぶように綴られています。
『演劇界』ホームページでも内容のご確認、ご購入いただく事が出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.engeki.co.jp/shopping/books.html

あなたにオススメ!!

  • 私の歌舞伎遍歴
  • 小山三ひとり語り
  • 芸と人 戦後歌舞伎の名優たち
  • バイリンガルで楽しむ 歌舞伎…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ