ペットと防災ハンドブック

どんな災害でもイヌといっしょ

どんな災害でもイヌといっしょ
定価
本体1300円+税
発売日
判型/頁
B5/96
ISBN
9784778050146
〈 書籍の内容 〉
災害時、犬と生きのびるためにしておくこと
防災に関する書籍は多く出版されていますが、「ペットと防災」に関する類書はほとんどありません。今後南海トラフ大地震の発生も予想され、今や日本全国安全な場所はありません。過去の地震で、避難所はペットの受け入れ体制は万全でなく、飼い主とはなればなれになった事例も多くありました。ペット同行可能だったとしても動物の鳴き声、におい、アレルギーなどでトラブルが相次ぎました。そんな状況を避けるため、飼い主が普段からしておかなければならないこと、心構え、飼い主自身が助かるための発災時の状況別行動パターンや、様々な避難方法、被災後に起こりやすい犬の症状とその対処法を具体的に解説。再建に向けてペットとどう歩んでいったらよいかまでを、体験者の声を交えて提案します。さらに行政の取り組みを取材、多角的に災害時の対処法を示します。
監修は熊本地震を体験した徳田竜之介獣医師。災害に備え、マグニチュード9にも耐える動物病院を建設し、発災直後からペット同伴避難所として病院を開放、ペットの同伴避難を訴え続け、環境省のガイドライン作りにも協力しています。自身の経験を踏まえ、災害とどう向き合うべきかを総合的に監修いただきます。
〈 目次をみる 〉
1部「もしもに備える」・犬の防災「かきくけこ」・体験談

2部「実際に被災したら」・あらゆる災害に備える・パニック犬の行動パターンとその対処法・被災時の状況別対応(3パターン)・被災時犬とはぐれてしまったら・災害時応急措置・避難生活(4パターン)・復興に向けて・わたしたちにできること・行政の取り組み・体験談

3部「熊本地震を経験して」・ドキュメント竜之介病院の1か月・うちのコ情報・チェックリスト

あなたにオススメ!

  • 天皇皇后両陛下 被災地の人々…
  • ヒマラヤを越える子供たち
  • すぐばれるようなやり方で変節…
  • 謝罪の時代
  • 舛添メモ
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ