国立がん研究センターの肝・胆・膵がんの本

国立がん研究センターの肝・胆・膵がんの本
定価
本体1800円+税
発売日
判型/頁
A5/160
ISBN
9784778037956
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
肝がん・胆道がん・膵がんの情報が1冊に
胆道がんや膵がん、肝がんは発見されたときにすでに進行していることが多いため、他のがんに比べて治療の選択肢が少ないとされてきました。しかし近年、新しい抗がん薬や分子標的薬が次々に登場し、治療成績は向上しています。
本書では肝がん・胆道がん・膵がんの検査や手術、化学療法、放射線療法、再発時の治療などについて、わかりやすいイラストとともに解説します。
膵臓に発生する腫瘍「膵神経内分泌腫瘍」「膵管内乳頭粘液性腫瘍」についてもとりあげています。
〈 目次をみる 〉
「国立がん研究センターのがんの本」シリーズの4冊と同時発行される新刊。



肝臓内に発生する原発性肝がん/肝炎ウイルスの持続感染から肝がんを発症/胆汁の通り道に発生する胆道がん/胆道疾患や生活習慣などが危険因子/膵がんの多くは膵管に発生/家族内に膵がんがいると高リスク
第1章 肝・胆・膵がんの検査と診断
         
第2章 肝がんの治療

第3章 胆道がんの治療

第4章 膵がんの治療

第5章 心のケアと療養のこと

あなたにオススメ!

  • がん医療・抗がん剤治療のすべ…
  • 肝臓病 これで安心 改訂新版
  • 最新版 子宮筋腫 これで安心
  • 子宮内膜症 これで安心
  • 大腸がんが心配な人が読む本
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ