国立がん研究センターの肺がんの本

国立がん研究センターの肺がんの本
定価
本体1800円+税
発売日
判型/頁
A5/168
ISBN
9784778037949
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
病期やタイプによって期待できる治療法が
肺がんは罹患率に比べて、死亡率の高いがんですが、最近では手術や放射線、抗がん剤などを組み合わせることで治療効果を上げています。
 本書では、肺がんの診断から治療・療養について解説し、治療法によるメリット、デメリットを正しく理解して、自分に合った治療方針を選択する際の助けとなります。
 また、新しい分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬の効果と副作用についても詳しく紹介しています。
〈 目次をみる 〉
『国立がん研究センターのがんの本 肺がん』の改訂新版で、「国立がん研究センターのがんの本」シリーズの4冊と同時発行。



肺がんのリスクは喫煙で上昇/肺がんの組織型による特徴/肺がんの治療はここまで進歩した
第1章 肺がんが疑われたら

第2章 肺がんの治療

第3章 肺がん治療後の経過とケア      

第4章 肺がんが再発・転移したら

第5章 心のケアと療養のこと

あなたにオススメ!

  • がん医療・抗がん剤治療のすべ…
  • 肝臓病 これで安心 改訂新版
  • 最新版 子宮筋腫 これで安心
  • 子宮内膜症 これで安心
  • 大腸がんが心配な人が読む本
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ