国立がん研究センターの乳がんの本

国立がん研究センターの乳がんの本
定価
本体1800円+税
発売日
判型/頁
A5/168
ISBN
9784778037932
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
乳がん治療の最新情報を詳しく解説
乳がんは他のがんに比べて発症する年齢が比較的低く、40歳代でピークを迎えます。女性のがんで最も患者数が多いがんではありますが、早期に発見されるケースが多く、死亡率はそれほど高くないのが特徴です。
治療法の進歩はめざましく、からだへの負担が小さい手術や、外見の変化が少ない再建方法、新しい分子標的薬などが次々に現れています。その一方で、インターネット上ではさまざまな情報があり、何を信じればよいのかわからなくなっている方も多くいます。
本書では、国立がん研究センター中央病院の先生方の監修のもと、読者の方が知りたいことについて丁寧に解説します。
〈 目次をみる 〉
『国立がん研究センターのがんの本 乳がん』の改訂新版で、「国立がん研究センターのがんの本」シリーズの4冊と同時発行。



世界的に増えている乳がん/乳がんは乳腺にできるがん/女性ホルモンの分泌期間ががん発生に影響/罹患率は高いが死亡率は比較的低い
第1章 乳がんが疑われたら

第2章 乳がんの治療
      
第3章 乳がん手術後の注意

第4章 乳がんの再発・転移

第5章 心のケアと療養のこと

あなたにオススメ!

  • がん医療・抗がん剤治療のすべ…
  • 肝臓病 これで安心 改訂新版
  • 新版 家庭医学大事典
  • きっと赤ちゃんできるから
  • 身近な人が「心の病」か迷った…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ