国立がん研究センターの大腸がんの本

国立がん研究センターの大腸がんの本
定価
本体1800円+税
発売日
判型/頁
A5/184
ISBN
9784778037925
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
手術や抗がん剤治療、治療後の療養まで
年齢とともに増加してくる大腸がんですが、治療法の進歩によって治癒可能な病気となってきました。内視鏡によって早期に発見することができれば、からだに負担の少ない手術を選択することができます。また、がんのタイプによって効果のある分子標的治療薬もつぎつぎに開発され、よい治療結果を残しています。
 本書では、大腸がんと診断された人、家族や身近な人が大腸がんになった人のために、大腸がん治療の正しい知識を伝え、不安や悩みを抱かずに治療に臨めるようサポートします。
〈 目次をみる 〉
『国立がん研究センターのがんの本 大腸がん』の改訂新版で、「国立がん研究センターのがんの本」シリーズの4冊と同時発行。



大腸がん検診における日米の状況/年齢とともに増えている大腸がん/大腸がんは治癒可能な病気/5年生存率と治療効果
第1章 大腸がんが疑われたら

第2章 大腸がんの治療
          
第3章 大腸がん手術後の注意

第4章 大腸がんの再発・転移

第5章 心のケアと療養のこと

あなたにオススメ!

  • がん医療・抗がん剤治療のすべ…
  • 肝臓病 これで安心 改訂新版
  • 新版 家庭医学大事典
  • きっと赤ちゃんできるから
  • 身近な人が「心の病」か迷った…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ