国立がん研究センターの胃がんの本

国立がん研究センターの胃がんの本
定価
本体1800円+税
発売日
判型/頁
A5/184
ISBN
9784778037918
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
日本一確かな胃がんの治療・療養情報
胃がんの罹患率はいまだに高いままです。ただし、早期に発見できれば、ほとんど治癒するとされます。
 2018年の胃癌治療ガイドラインに基づき、病期の診断から治療の選択に至る流れを図表を用いてわかりやすく解説するとともに、早期がんに対する内視鏡治療、胃を摘出する外科手術、再発・転移がんの抗がん剤治療の解説、さらにピロリ菌の除菌治療や術後の感染症対策・食生活の注意まで、詳しく解説しています。
〈 目次をみる 〉
『国立がん研究センターのがんの本 胃がん』の改訂新版で、「国立がん研究センターのがんの本」シリーズの4冊と同時発行。



死亡率は減っても罹患率は1位の胃がん/ヘリコバクター・ピロリ菌と胃がんの関係/早期胃がんなら治癒率は90%を超える/胃がんの生存率と治療効果
第1章 胃がんが疑われたら

第2章 胃がんの治療

第3章 胃がん手術後の生活

第4章 胃がんの再発・転移

第5章 心のケアと療養のこと

あなたにオススメ!

  • がん医療・抗がん剤治療のすべ…
  • 肝臓病 これで安心 改訂新版
  • 新版 家庭医学大事典
  • きっと赤ちゃんできるから
  • 身近な人が「心の病」か迷った…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ