リーリーとシンシン

リーリーとシンシン
定価
本体476円+税
発売日
判型/頁
125正方形/20
ISBN
9784778037253
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
これでまるわかり! パンダのひみつ
1972年に来日したカンカンとランランの2頭から、2008年にリンリンが死ぬまで、35年以上も上野動物園の「顔」であり、いつの時でも人々の人気者だったジャイアントパンダ。そんなパンダがいなくなってから3年、再び上野にパンダがやってきました。オスのピーリーとメスのシィエンニュ(いずれも中国での名前)の2頭で、ともに5歳の若いパンダです。本書は、その2頭のパンダの写真絵本です。2頭が上野にきてから公開までのようすなどを写真で紹介します。また、前足の指のひみつや食事のメニュー、うんちや白と黒の体のひみつ、中国パンダセンターの紹介など、パンダの情報がいっぱいです。タイトルの「リーリーとシンシン」は公募で決まった二頭の日本名です。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
監修者の小宮輝之さんは1972年に多摩動物公園の飼育係となり、上野動物園、井の頭自然文化園の飼育係を経て、2004年から上野動物園園長をなさっています。動物の写真撮影が趣味で、野生動物の撮影でも評判が高い。『上野動物園100 どうぶつアルバム』(講談社)など、著書及び監修を手がけた本は多数。

あなたにオススメ!

  • しんかんせん
  • かわいい おやこ
  • チャレンジミッケ!のひみつ
  • きかんしゃトーマスだいひみつ
  • クルミの森のニホンリス
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ