街場のマンガ論

街場のマンガ論
定価
本体1400円+税
発売日
判型/頁
4-6/296
ISBN
9784778037178
〈 書籍の内容 〉
『日本辺境論』の著者、今もっとも熱い思想家・内田樹によるマンガ論。
 日本人の脳は、マンガを読むことに適したつくりになっている――日本語の起源に迫り、マンガ文化が発展した理由を、歴史と文化を交えながら独自の視点で解読する。
 『バガボンド』に隠された「教育的本質」を語り、『エースをねらえ!』から、男の生き様と武道の精神を学ぶ。手塚治虫の圧倒的な指南力に影響を受けた幼少時代、今なお、読み続ける愛すべき少女マンガ…人生の極意をマンガから学んだ「元少女」おじさんが、戦後マンガからボーイズラブまで、世界に誇る日本カルチャーについて熱く語る!!

あなたにオススメ!

  • 街場のマンガ論
  • 白土三平伝-カムイ伝の真実
  • 日本美術全集 18 戦争と美…
  • 若冲になったアメリカ人
  • 日本美術全集 16 激動期の…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728