図説 万博の歴史 1851-1970

図説 万博の歴史 1851-1970
定価
本体4800円+税
発売日
判型/頁
A4変/160
ISBN
9784778036126
〈 書籍の内容 〉
ビジュアル資料でたどる黄金期の万国博覧会
人類史上、最古にして最大の国際イベント「万国博覧会」。1851年ロンドンで産声をあげた「万博」はそのあり方を時代に応じて変化させながら、今に至っています。
 その詳細は既刊本である『万博の歴史―大阪万博はなぜ最強たり得たのか』(2016年10月刊)において平野暁臣氏がつまびらかに解説していますが、本書は、この『万博の歴史』が積み残していたビジュアル面を補完するもの。『万博の歴史』が〝読む万博史〟とするならば、本書『図説・万博の歴史』は〝見る万博史〟です。
 クリスタルパレスやエッフェル塔をはじめとするアイコンの数々、壮大華麗な会場、独創的なパビリオン、歴史をつくった新技術、驚愕する大衆、オリエンタルな日本館…。
 千点におよぶ膨大なビジュアル資料をとおして、「万博がいかに強力なイベントだったか」「大衆社会にどんなインパクトを与えたのか」「万博はいかなる課題に直面し、どのように姿を変えてきたのか」などが直感的・体感的にわかります。
 万博の本質は、万博史を俯瞰で眺めたときにはじめて見えてくるもの。「万博のいま」を考えるうえでも、本書のビジュアル体験は大きな示唆を与えてくれるはずです。

あなたにオススメ!

  • 白土三平伝-カムイ伝の真実
  • 芸術は爆発だ!(小学館文庫)
  • 興福寺のすべて
  • すべてを失くして 内藤ルネ自…
  • 日本のゴーギャン 田中一村伝…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ