岡本太郎のパブリックアート

岡本太郎にであう旅

岡本太郎にであう旅
定価
本体1500円+税
発売日
判型/頁
A5/96
ISBN
9784778036065
〈 書籍の内容 〉
岡本太郎のパブリックアートをまとめて紹介
岡本太郎が日本各地に残したパブリックアートを、作品ごとに解説しました。また、実際に自分の目で鑑賞できるように、作品ごとに地図を掲載。実際に本書を持って、現地に行くという旅行ガイド本的な性格も持たせました。
章立てとしては、代表作6点を丁寧に紹介。そして「関東・東北編」、「東海・信越編」、「西日本編」と作品を所在地ごとに3章にまとめました。
代表作の《太陽の塔》や《明日の神話》など、岡本太郎は多くのパブリックアートを制作しました。著者である岡本太郎美術館学芸員の大杉浩司氏は本書の解説で、太郎にとってのパブリックアートが芸術としての「最高の表現手段だった」、と語っています。
収録点数はおよそ50点。現在では見ることのできない作品については「資料編」で触れました。

あなたにオススメ!

  • 日本の美をめぐる 伊藤若冲
  • 日本の美をめぐる 円山応挙
  • 若冲の衝撃
  • 話す写真
  • ルーヴル美術館の名画 フェル…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ