ルイ・シュバイツァー自叙伝 新たなる使命

ルイ・シュバイツァー自叙伝 新たなる使命
定価
本体1500円+税
発売日
判型/頁
4-6/344
ISBN
9784778035105
〈 書籍の内容 〉
私は企業をどのように再生させてきたか
著者の父もフランスのエリート官僚で国際通貨基金(IMF)の専務理事でした。戦時中はナチスと戦うレジスタンス・グループを率いる英雄でもあった父の思い出や大叔父のアルベルト・シュバイツアー、親戚のJ・サルトルの話も興味深いです。
日産の会長カルロス・ゴーンを見出したのが、本書の著者、ルイ・シュバイツアーです。日本の経済界では、日産と提携したフランスのルノーの元会長として知られています。本書は2005年に日本経済新聞の「私の履歴書」に掲載され好評を博した原稿を元に、大幅に加筆した作品です。危機に陥った企業をどのように再生させてきたのか、その方法が具体的にわかります。またフランスの教育制度、国の仕組み、財界と政界の関係など、とてもわかりやすく、現代フランスを理解する解説書でもあります。「私の学生時代」「行政官として」「ルノーが教えてくれたこと」「日産との出会い」など、フランスの教育制度、エリートコース、官僚と経済界の関係そして自動車業界と、自分の人生に重ねて丁寧に説明してあります。
〈 目次をみる 〉
1日本との出会い

2シュバイツアー家の人々

3教育は人をつくる「エリートへの道」

4ルノーが教えてくれたこと

5日産との出会い

6企業家精神の育成に惹かれる

7日仏関係と日欧関係

8アフリカを訪れて

[インタビュー]カルロス・ゴーン、フリップ・クラン、ヴェロニク・サラル=デポット、塙義一、志賀俊之、伊佐山健志ほか

あなたにオススメ!

  • 日本の未来について話そう
  • 「国際協力」をやってみません…
  • 日本人を縛りつける役人の掟
  • 会社の相続
  • 業界別 肩書きの辞典
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ