その他

火の鳥 11 太陽編(下)

火の鳥 11 太陽編(下)
定価
1870円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/416
ISBN
9784778032715
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
時空を超えて宗教と権力の問題を描く異色作
西暦663年、白村江の戦いで、百済王一族の兵士・ハリマは、唐軍に捕らえられ、顔の皮をはがれ、狼の皮を被せられた。不思議な老婆に助けられ、倭国へ渡ったハリマは、仏教によって追われた「狗(くちいぬ)族」という先住神たちと出会った。狗族は、産土神として崇める日本古来の神々だったが、大陸からきた仏教の台頭により魔物とされ、山奥にひっそりと暮らしていた。一方、ハリマは夢のなかで、火の鳥を神と崇拝する宗教団体「光」が支配する未来社会に生きるスグルという若者になった。時空を超えて宗教と権力の問題を描く異色作の後編。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
角川書店豪華版のカラーページを再現。『野性時代』連載時の全扉絵を収録。
巻末に、未発表の下書きを3ページを収録。

あなたにオススメ!

  • 鉄人28号BOX 5
  • 鉄人28号BOX 4
  • 伊賀の影丸 4 七つの影法師…
  • 貸本版 伊賀の影丸2 由比正…
  • サブマリン707 レジェンド…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ