その他

消え行く少女 後編

消え行く少女 後編
定価
本体1900円+税
発売日
判型/頁
B6/130
ISBN
9784778031145
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
1959年に日本漫画社から上下2冊で刊行された長編少女漫画。被爆者と少数弱者が主人公となった社会派の問題作で少女漫画史に残る異色作であり、いまこそ読まれるべき作品です。
広島で被爆した雪子とその母。母親を後遺症で失った雪子は、極貧となり、流浪の日々を余儀なくされ、転々とした先の村民からも排斥される。前編につづき、悲運の雪子が謎の山男に救われて、つかのまの幸せをとりもどすのだったが…。戦後十数年を経て平和とは何かなど、さまざまな社会問題を扱っています。著者の問題意識がストレートに込められた、全キャリアのなかでも異色の現代劇といえる作品です。

あなたにオススメ!

  • からすの子
  • 手塚治虫が描いた戦後NIPP…
  • 手塚治虫が描いた戦後NIPP…
  • 完全復刻版 霧のなかの少女
  • 八月の光・あとかた
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ