宮尾登美子 電子全集17『平家物語の女たち/義経/影絵/菊籬/舞い扇』

宮尾登美子 電子全集17『平家物語の女たち/義経/影絵/菊籬/舞い扇』

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/05/10
形式
ePub
〈 電子版情報 〉
宮尾登美子 電子全集17『平家物語の女たち/義経/影絵/菊籬/舞い扇』
Jp-e : 09D062850000d0000000
平家物語への思いを綴った随筆と、数少ない中短篇を収録。少女小説誌に掲載していた“幻の秘蔵作"も本邦初再録!

『宮尾本 平家物語』を脱稿した後に執筆した随筆『平家物語の女たち』は、平清盛を育てた祇園女御、清盛の妻・時子をはじめ平家物語に登場した女性たちの生き様を物語に添って紹介。平家の女性たちに寄せる宮尾の思いを綴っている。もう一つの随筆『義経』は、『宮尾本 平家物語』とともにNHK大河ドラマの原作にもなった史実や伝説などを織り交ぜながら、宮尾の抱く義経像が描かれて興味深い。
中短篇集『影絵』は、昭和37(1962)年に第5回女流新人賞を受賞した『連』、1970年代に発表された『卯の花たくし』『影絵』『夜汽車』の4篇を収録。短篇集『菊籬(きくまがき)』は処女作『村芝居』、『菊籬』『宿毛にて』など初期と円熟期の8篇をまとめた。短篇『舞い扇』は、宮尾が夫とともに高知から上京した昭和41(1966)年に創刊された少女小説誌『別冊 女学生の友』(小学館)に掲載され、今回が初再録となる。

付録は、『平家物語』の朗読や平家の女性たちをテーマに講演を行なっている元・NHKアナウンサーの加賀美幸子さんに『平家物語』の魅力を訊く。また、宮尾が上京間もない頃に、前田とみ子の名で少女向け小説『舞い扇』を書いていた時代をなぞらえながら、川村湊が解説する。

※この作品にはカラー写真が含まれます。

あなたにオススメ!

  • 宮尾登美子 電子全集1『櫂/…
  • 宮尾登美子 電子全集16『宮…
  • 宮尾登美子 電子全集8『序の…
  • 宮尾登美子 電子全集13『天…
  • 青い花
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ