福永武彦 電子全集6  『ボードレールの世界』、わが同類。

福永武彦 電子全集6  『ボードレールの世界』、わが同類。

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/03/15
形式
ePub
〈 電子版情報 〉
福永武彦 電子全集6  『ボードレールの世界』、わが同類。
Jp-e : 09D062740000d0000000
詩人・福永武彦が、自己の作詩体験に裏打ちされた“憂愁の詩人"ボードレール詩篇の分析と翻訳、解説、小伝等を収録。

収録作品は、“憂愁の詩人"ボードレールの詩篇の分析、評論、随筆、年表からなる研究書『ボードレールの世界』、パスカル・ピアが記し、福永が翻訳した小伝『ボードレール』、同じく福永が翻訳した、ボードレールの作品集『悪の華』初版と再版と「新・悪の華」、『パリの憂愁』。
さらにボードレールの作風に影響を受けながらも、「偶然」を排した完全・完璧な美しい詩を書いた、フランス印象派の代表詩人マラルメの作品7篇の翻訳も収録。 戦中よりマチネ・ポエティクの同人として詩篇創作に刻苦していた福永が、戦後「自ら詩を書く者でなければ覗き得ぬ深淵、自らコスモスを持つ者でなければ感じ得ない神秘」を、刻み付けるように記した著作『ボードレールの世界』は、福永初の単著でもあり、同時にフランス文学者としての福永の横顔が垣間見れる重要な作品といえる。
初刊『ボオドレエルの世界』「序文」の中で福永は「僕は年来ボオドレエルを愛讀してゐるうちに、詩人としての立場、自ら創作する者としての立場から、小さなボオドレエル論を書いてみたいと思ふやうになつた。ボオドレエルの詩作には、自ら詩を書く者でなければ覗き得ぬ深淵、自らコスモスを持つ者でなければ感じ得ない神秘が、多くあるやうに思へた」
と記している。
附録として、初刊本『ボオドレエルの世界』自作短歌入り署名本、ボードレール「旅への誘ひ」翻訳過程のメモ等を収録。

※この作品はカラー写真が含まれます。

あなたにオススメ!

  • 福永武彦 電子全集1 「草の…
  • 福永武彦 電子全集3 先鋭な…
  • 福永武彦 電子全集2 『小説…
  • 福永武彦 電子全集4 実験の…
  • 立原正秋 電子全集23 『文…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31