山口瞳 電子全集26 1993~1995年『吉行さんのいない銀座なんて』

山口瞳 電子全集26 1993~1995年『吉行さんのいない銀座なんて』

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/11/22
形式
ePub
〈 電子版情報 〉
山口瞳 電子全集26 1993~1995年『吉行さんのいない銀座なんて』
Jp-e : 09D056220000d0000000
山口瞳電子全集の最終巻。1993年~逝去する1995年8月までに書かれた47作品と未掲載3篇、座談・対談98篇を収録。

収録作品は、エッセイ「川端家での一日」から、第113回直木賞選評「思いが深ければ」まで、1993年から1995年に発表された47作品を初出掲載順に収録。
また、電子全集編纂作業中に発掘した貴重な作品3篇も収録。

1994年7月26日、兄事していた、作家・吉行淳之介が死去。「週刊新潮」8月25日号の男性自身で、7回連続で追悼の記を書いた。山口自身は前立腺の手術のため慶應病院に入院中で、7月28日の吉行の葬儀に出席できなかった。

1年後、山口瞳にも“最期"の時が訪れる。1995年8月29日、肺がんのため、聖ヨハネ会桜町病院ホスピス棟にて死去。満69歳だった。
山口が亡くなるまでの経緯は、同巻の付録として収録した長男・山口正介の手記『ぼくの父はこうして死んだ「男性自身外伝」』に詳しい。

また、最終巻の特別篇「対話集」として、1963年の「江分利満氏の優雅なお色気」から、1995年の「おいてますます楽しき馬券」まで、
野坂昭如、伊丹十三、大原麗子など、各界の有名、著名人との座談・対談を98篇(のべ77人)掲載。さらに、社内誌に1度だけ掲載された、幻のエッセイ「通り過ぎた人」を初めて収録。

付録として、電子全集の総監修を務める山口正介の回想録「草臥山房通信」(26)のほか、監修者・宮田昭宏制作した「山口瞳年譜」も掲載される。

※この作品にはカラー画像が含まれます。

あなたにオススメ!

  • 山口瞳 電子全集25 198…
  • 山口瞳 電子全集8 『男性自…
  • 山口瞳 電子全集15 197…
  • 山口瞳 電子全集10 196…
  • 立原正秋 電子全集24 『そ…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ