福永武彦 電子全集1 「草の花」体験、福永武彦の出発

〈 電子版情報 〉
福永武彦 電子全集1 「草の花」体験、福永武彦の出発
Jp-e : 09D054300000d0000000
福永の出世作『草の花』を中心に、初めて単行本化された短篇集『塔』、学生時代に書かれた書簡など、作家・福永武彦の出発点とも言える、貴重な初期作品を完全収録。

第一高等学校3年、18歳の福永が「校友會雑誌」第355号に発表した「かにかくに」、肺病治療のため入院していた清瀬の療養所で、1949~1950年にかけて書かれた「慰霊歌」の収録2篇は、戦後に書かれた最も美しい青春小説のひとつ『草の花』(初刊版と決定版2種を収録)の原型となった作品。

収録した関連作品の中で、詩篇「戸田の春」と冊子「平野和夫君を偲びて」収録の俳句2句は、単行本、全集等未収録の貴重なもので、随筆「病者の心」は、療入所中に自身の心の推理変転を具体的に描き、『草の花』冒頭の章「冬」に繋がっていく重要作品である。

また、『草の花』「冬」の章と同じ精神的風土を表出し、福永自ら「小品」と呼ぶ4作「晩春記」、「旅への誘い」、「鴉のいる風景」、「夕焼雲」も併録。

一方、1948年に福永初の単行本と初刊が発売された『塔』からは、詩の精神を小説に定着させようとした実験的小説「塔」、「雨」、「めたもるふぉおず」を、初刊版と決定版の2種を収録。

作家・福永武彦の“文学の嚆矢"を理解する上で絶対欠かせない、ファンはもちろん、研究者も必見の第1巻である。

この作品の容量は、32.7MB(校正データ時の数値)です。

※この作品はカラー写真が含まれます。

あなたにオススメ!

  • 福永武彦 電子全集2 『小説…
  • 立原正秋 電子全集26 『冬…
  • 栗本薫・中島梓傑作電子全集1…
  • 山口瞳 電子全集17 197…
  • 立原正秋 電子全集18 『旅…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ