the座53号 紙屋町さくらホテル(2003)

〈 電子版情報 〉
the座53号 紙屋町さくらホテル(2003)
Jp-e : 09D048010000d0000000
広島の移動演劇「桜隊」の壮絶な原爆体験を辿る!2003年版。

※電子版のthe座53号『紙屋町さくらホテル』は、2003年、改訂版2007年の2冊があります。<主な内容>の★印は、2003年、改訂版2007年ともに同一内容です。
昭和20年5月、広島の小さなホテルで女主人、名優や元宝塚スター、素人の宿泊客までもが移動演劇「桜隊」の芝居稽古に励む。そのユーモラスな様子から演劇論、戦争責任論までに及ぶ井上ひさしの力作。特集では、実存した「桜隊」の年代ごとの変遷を19ページに亘って追う。ノーベル賞作家・大江健三郎が、この舞台の感想を書いた随筆も収録。
<主な内容>■人類史の「折り返し点」=井上ひさし ■プログラムファイル/辻萬長、土居裕子、木場勝己、森奈みはる、久保酎吉、河野洋一郎、大原康裕、栗田桃子、深澤舞 ■対談/鵜山仁×宇野誠一郎 石井強司、服部基、斉藤美佐男、謝珠栄ほか ■『紙屋町さくらホテル』の稽古場から/加藤高 ★人生の細部/大江健三郎 ★特集・桜隊の運命/「新築地」「新協」劇団の解散、苦楽座と移動演劇、桜隊の人々、新型爆弾、倒壊した寮の下敷きに、丸山定夫の死ほか ■こまつ座通信 ■遅筆堂文庫から(7)/山内敏子 ■女優二代・第18回=大笹吉雄 ほか。

※【ご注意】お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。タブレット端末、PCで閲覧することを推奨します。

あなたにオススメ!

  • the座64号 太鼓たたいて…
  • 一度は読んでおきたい現代の名…
  • 喜劇の帝王 渋谷天外伝
  • 演劇プロデューサーという仕事
  • ショート・プログラム 3
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ