永井豪版ばるぼら
定価
770円(税込)
発売日
判型/頁
B6判/162
ISBN
9784098612017
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
手塚治虫x永井豪、巨匠による夢のコラボ作
漫画の神様・手塚治虫が生んだミューズ「ばるぼら」を、悪魔(デビル)の漫画を生んだ永井豪が描く、夢のコラボ作品!

『ばるぼら』は手塚治虫が1973年から74年にかけて、ビッグコミックで連載をした、小説家・美倉洋介とアルコール依存症の謎の女性・ばるぼらとの出会いを描いた異色作です。
2020年、手塚眞監督により実写映画が劇場公開、それを記念して生まれたのが本作です。ビッグコミック誌上で発表されて、話題となった手塚治虫x永井豪、二大巨匠によるコラボ作品をぜひご堪能ください!

巻末に特別収録された、永井豪が1980年に手塚治虫と一緒にアメリカ・サンディエゴの映画館で『シャイニング』を観た思い出を描くコミックエッセイも必見です!

●永井豪の言葉(「はじめに」より抜粋)
『ばるぼら』と同じ年に『ブラック・ジャック』の連載を開始した先生は翌年(’74年)、同作に助手のピノコを登場させますが、ばるぼらの二人が原型になったのでは、と思うんです。『ばるぼら』は手塚作品の中で分岐点となった大きな意味のある作品だと思います。そんな『ばるぼら』を僕流の新解釈で描く『永井豪版ばるぼら』をお楽しみください。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
「ばるぼら」は世の全ての男性におけるミューズでもあり、魔女でもあり・・・不思議な存在です。永井豪氏は「手塚先生が乗り移ったような気持ちで描けた」と原稿を描き上げた後、しんみりと語ってらっしゃいました。

巻末に収録された「豪TOトラベル 手塚先生とのアメリカ旅」は、日本のコミック史を研究する方なら必見のコミックエッセイ(18ページ)です。初コミックされたエピソードを是非お楽しみください。
〈 目次をみる 〉
CONTENTS
はじめに ………………3
私にとっての手塚治虫 ………………7
永井豪版ばるぼら 第1弾 ………………11
永井豪版ばるぼら 第2弾 ………………41
永井豪版ばるぼら 第3弾(前編) ………………73
永井豪版ばるぼら 第3弾(後編) ………………107
豪TOトラベル 手塚先生とのアメリカ旅 ………………143

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

手塚治虫の大ファンです。また永井豪のファンでもあります。名作のばるぼあをどうリメイクするのか、とても興味がありました。読後その出来栄えに、感心しました(71歳以上 男性) 2021.12.26

突然親を失った仔犬のように、鬼門に入った手塚治虫を、本当に永井豪は大好きだったと想う。その、切なさ、純真さ、神とも崇める、ひたむきな気持ちが伝わって来て、心がヒリヒリ痛い。 私も手塚治虫の事を思い出した。未完に終わった「グリンゴ」、日本から遠く離れた異国に、赤い鳥居が、有った。手塚は、何を描きたかったのだろうか。 私は永井豪が大好きで、手塚の「バルボラ」は、手塚作品の中で1番好きだった。 今は漫画は芸術と認められているが、ここに行き着くまで、読み手も描き手も一緒になって、盛り上げて来た。 永井豪の「バルボラ」の続編を読みたい。もっと沢山の芸術家、まもっと沢山の男たちを翻弄させて欲しい。 そして、永井豪には、長生きして欲しい。(61~65歳 女性) 2021.12.10

私にとっての手塚治虫の再録が嬉しいですね(41~45歳 男性) 2021.12.5

手塚治虫のばるぼらを、 永井豪が書くとどうなるのか 読みたかった。(61~65歳 男性) 2021.12.4

ビッグコミックで初めて永井豪先生の新作漫画が読めてとても嬉しかった‼️永井豪健在在り⁉️(51~55歳 男性) 2021.12.2

あなたにオススメ!

  • ばるぼら オリジナル版
  • 手塚番 ~神様の伴走者~
  • 僕らが愛した手塚治虫 3
  • #こんなブラック・ジャックは…
  • チェイサー 6
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031