ビッグ コミックス

US-2 救難飛行艇開発物語 3

US-2 救難飛行艇開発物語 3
ためし読み
定価
本体815円+税
発売日
判型/頁
A5判/208
ISBN
9784098605361

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/01/30
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
累計10万部突破! 開発はさらに加速!!
海上自衛隊が運用する最新鋭救難飛行艇「US-2」。

波高3mの外洋離着水。
排他的経済水域への無給油往復飛行。
約100km/hの極低速飛行。
救助者数1000名以上―――

1996年10月、
日本の技術力の粋を結集させ
始まったUS-2の開発は、
予算確保、設計、技術審査、試験…
幾多の試練を乗り越えながら
開発のフェーズはついに
ロールアウトを迎える―――

超ビッグプロジェクトに挑んだ
男たちの苦悩と歓喜に迫る!!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
累計10万部突破!!!

TV、新聞、ラジオ、雑誌…各メディアで反響多数!!
昨年、東京湾にも展示飛行・離着水を行い、実機の注目度も急上昇!!

第1集、第2集ともに発売早々に緊急重版を行い、その後も続々重版出来中の話題作!! プロジェクトXファン、航空機ファン、ミリタリーファン・・・必見必読の超理系&超高性能航空機開発コミックです!!

コミックだけでなく、単行本に収録されるコラムも大好評。US-2と開発を知る関係者のコラムは、貴重すぎる証言です。

日本の航空機開発の行く末を占う壮大なビッグプロジェクトを、海上自衛隊と防衛装備庁、開発製造関連企業より全面協力を得、圧倒的リアリティーで描く。史上最も理系なコミックの、深く熱い人間ドラマが胸を打つ。日本が世界に誇る技術力をご覧ください!!

【US-2 主要諸元】
乗員/11名 全長/33.25m 全幅/33.15m 最大全備重量/47.7t
出力/4591shp×4 最大速度/約580km/h 航続性能/約2500NM 実用上限高度/30000ft以上 着水距離/330m 離水距離/280m
着水速度 約100km/h 
※スペックは新明和工業株式会社の提供

〈 電子版情報 〉
US-2 救難飛行艇開発物語 3
Jp-e : 098605360000d0000000
累計10万部突破! 開発はさらに加速!!

海上自衛隊が運用する最新鋭救難飛行艇「US-2」。

波高3mの外洋離着水。
排他的経済水域への無給油往復飛行。
約100km/hの極低速飛行。
救助者数1000名以上―――

1996年10月、
日本の技術力の粋を結集させ
始まったUS-2の開発は、
予算確保、設計、技術審査、試験…
幾多の試練を乗り越えながら
開発のフェーズはついに
ロールアウトを迎える―――

超ビッグプロジェクトに挑んだ
男たちの苦悩と歓喜に迫る!!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

家族が勤務している会社が取り上げられているので、とても親近感を持って読むことができる。作者の方も同じ福岡のご出身のようで、さらに親近感を感じる。(46~50歳 男性) 2020.5.25

マンガ自体は大変面白く、関係者のコラムも興味深い内容です。 ただ、本として紙の質が良くないのが気になります。せっかく紙の本を買っているので、もう少し値段が上がっても紙質を上げて欲しかったです。 連載は追っていませんが、完結したら次はP-1, C-2の話も読みたいです。(46~50歳 男性) 2020.5.4

開発物語を見たかった(56~60歳 男性) 2020.3.5

書店でみて、開発の話がされているので、興味がわき購入しました。(51~55歳 男性) 2020.2.23

歴史などが大変参考になる(56~60歳 男性) 2020.2.21

書店をぶらぶらしている時に、飛行機が好きなものでタイトルを見て 「ん!? 飛行艇 ?」と思い手に取ってしまった。 背表紙に大きく「US -2」とあるのは存在感があってなかなか良いです。 内容も開発の過程が細かく描いてあり非常に興味深いです。  (56~60歳 男性) 2020.2.13

以前ビッグコミック臨時号て飛行艇開発を読んでいましたが、その他は不要であったため途中から購読をやめていました。今回単行本を知り早速購入しました。飛行艇に集中して読めるのが良いです。次は映画化されるのを期待しています。(66~70歳 男性) 2020.2.8

ノンフィクションであり、飛行機の開発に興味があるので。(51~55歳 男性) 2020.2.6

第1巻から読みたくて読みたくて仕方ありません。航空機が大好きで、マンガでこんなに興味深く読んでいる自分が不思議、人生の楽しみとなっています。(56~60歳 男性) 2020.2.2

今日の日本航空機産業界を、陰から支えた人達の、そして決して世に出ない涙ぐましい努力の推移を、細かな描写で描かれている物語の展開に、毎巻読ませて頂く度にただ々感銘しております(56~60歳 男性) 2020.2.1

あなたにオススメ!

  • 尖閣を獲りに来る中国海軍の実…
  • 撃滅!イギリス東洋艦隊
  • メタルカラーの時代 10
  • 小説 映画 空母いぶき
  • 江戸城再建 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ