ビッグ コミックス

こころのナース夜野さん 1

こころのナース夜野さん 1
ためし読み
定価
本体591円+税
発売日
判型/頁
B6判/160
ISBN
9784098604760

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/01/10
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
心の痛みと向き合う、精神科ナースの物語
言葉にならないSOSと向き合う医療が、精神科。
心の病気からそれぞれの人の真実を知っていく物語です。


【識者からの推薦の声】
「わかられにくい心が、ほんの少しだけわかる。
そのたびに、本人の心も、援助者の心も、ほんの少しずつ変わる。
臨床はその積み重ねだと思うのだけど、まさにそういう風景が描かれていました」
東畑開人(臨床心理士) 『野の医者は笑う―心の治療とは何か』

「リストカットするのは、かまってほしい人…?
単純にそう、考えてしまいそうになった時、この漫画を読んでほしい。
それは『生きたい』というその人の、数少ないサインかもしれないから。
言葉は時に、人の心を追い詰め、切り刻むほどの威力を持ちえてしまう。
けれどもまた、たった一つの言葉で、心が呼吸し、乗り越えられる夜がある。
私たちは今、誰かの明日をつなぐ一言を、紡げているだろうか。
そう投げかけてくれる一冊に出会えた」
安田菜津紀(フォトジャーナリスト) 『故郷の味は海をこえて―「難民」として日本に生きる』


※本作は取材に基づくフィクション作品です。
医療監修は精神科医・医学博士の山登敬之先生にご協力頂いています。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
前作『精神科ナースになったわけ』が話題を呼んだ
著者の最新意欲作!

生きたいから、自分の身体を傷つける。
心が壊れるのを防ぐために、幻覚や幻聴が現れることもある。

精神科で患者さんたちの「心の痛み」「孤独」「生きづらさ」と向き合う
ナースと患者さんとの対話は、我々の日常の延長上にあります。
私たちのすぐ隣にいる、彼、彼女の物語です。
〈 電子版情報 〉
こころのナース夜野さん 1
Jp-e : 098604760000d0000000
心の痛みと向き合う、精神科ナースの物語

前作『精神科ナースになったわけ』が話題を呼んだ
著者の最新意欲作!

虫歯ができたら歯医者に行くように、
心の病気にかかった人のために「精神科」がある。
でも「心の病気」ってなんだろう?

患者さんが“本来のその人になっていく"、
その小さなお手伝いをするのが看護師の仕事だ。
彼の、彼女の、「こころ」の痛みに耳をかたむける――
ささやかだけれど切実な、精神科ナースの物語。


※本作は、医療者・患者さんへの取材に基づいたフィクション作品です。
医療監修は、精神科医・医学博士の山登敬之先生にご協力いただいています。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

作者の方の精神科をテーマにしたコミックがもともと好きでした。 この分野を専門として働く方と、興味を持った方のどちらにも届く間口の広さと、丁寧な描写に今回も好感が持ちました。(36~40歳 女性) 2020.1.20

自分自身も鬱状態になったことがあり、精神科という題材に興味を持ったため。(16~20歳 女性) 2020.1.18

『精神科ナースになったわけ』と同じ話もあり、せっかくなので全部新作が読みたかったです。 春から精神科で准看護師として働くので、患者さんとの接し方や考え方が参考になりました。 2巻も楽しみにしています。(26~30歳 女性) 2020.1.15

あなたにオススメ!

  • こころのナース夜野さん【単話…
  • いい覚悟で生きる
  • 九月十月
  • やってはいけない歯科治療
  • 家族の認知症に気づいて支える…

発売日でさがす一覧へ