〈 書籍の内容 〉
浅田アサ、飛びます!!
時は1959年9月、名古屋――
大嵐の夜 走る少女・アサは、謎の男に誘拐される。

「あたしはアサ。浅田アサ!」

嵐が去った翌朝、二人が扉を開いた先に広がっていたもの…
それは、未曾有の災害・伊勢湾台風によって一変した世界だった!!


絶望した男は、戦時中の飛行機乗り。

「勇者があきらめるんか!!」

すべては失われてしまったのか。
絶望の淵から、アサは男と共に大空へ飛び立つ!!


眼下に広がる壮絶な風景と、決して捨てることない希望。

しかし、家族の姿を必死に捜すアサが機上から目撃したのは、あるはずのない巨大な“足跡"だった――!?


「おっちゃん、飛んどる… あたしが飛ばしとるんか……」

「なんてったらええかね、こんな気持ち… 初めての飛行機なのに、むかーしから乗っとったみたいな……」

相次ぐ急転直下の事態の中、12歳にして飛行機との出会いを果たしたアサ。

昭和の名古屋を舞台に生き生きと逞しく暮らす人々を巻き込みながら、アサの人生が今、大きく動こうとしていた――


浦沢直樹が描く“ある名もなき女性の一代記"。
浅田アサが初めての空を飛ぶ……伊勢湾台風編完結の第2集!!

そして物語は1964年、東京オリンピックへ向けて大きくうねり始める――!!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
中日新聞(2019年4月28日付)朝刊一面トップ記事掲載!
第1集は「2019年上半期最も売れた1巻ランキング」第2位!(ほんのひきだし調べ)

連載開始や否や、早くも最注目作として各所で話題をさらった浦沢直樹氏『あさドラ!』。待望の最新刊がいよいよ登場!!

第2集では、おっちゃんと共に空へ飛び立ったアサに、次々と急転直下の事態が…!

笑って泣いて怒って、走り回って飛び立つ!!
人々の息づかいが溢れ、めくるめく驚きと喜びに満ちた全210ページ。

浅田アサという少女が導く“世界最高峰の漫画"の世界……是非ご一緒にご堪能ください!!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

浦沢直樹の本、それだけで読む価値ありです!(31~35歳 男性) 2020.9.5

20世紀少年から浦沢直樹先生のファンになり、書店にて「あさドラ!」を見かけたので購入させて頂きました。(21~25歳 男性) 2020.5.24

Amebaブログの「二村旅人のブログ」で紹介されていた漫画だったのと、浦沢直樹先生のファンだったので興味があったところに、コンビニに1巻と2巻が置いてあったので、緊急事態宣言下でもあるので読書にと購入しました。(51~55歳 男性) 2020.5.18

最初は内容が判りませんでしたが、三冊目から面白さに填まりましたガンガン浦沢さん頑張って書いて下さいませ宜しく(66~70歳 男性) 2020.5.7

面白い。どんどん加速していく。(31~35歳 女性) 2020.4.5

漫画を読む習慣がなかったのですが、主人が購入したものを読むようになってはまりました。(31~35歳 女性) 2020.3.14

まず時代背景が自分の年齢にぴったり。伊勢湾台風を題材に、自分の出身も含め、親族も多く住む名古屋が舞台と、附随する名古屋弁の嵐。親近感も倍増。また、自分が天職と選び、定年まで勤めた航空自衛隊も絡んでくる。中でも、ハチロクのブルインを生で見ている世代でもあるので、興味が倍増。自衛隊と旧軍との違い、微妙な立ち位置も描かれていて、OBでも納得できる設定です。 これから、どう展開して行くのか益々楽しみです。おっさん世代にも読めるコミックが少ない今、このメッセージが、浦沢先生にも届くと幸いです。(56~60歳 男性) 2020.3.12

普段、コロコロ作品ばっかり読んでいるのに、たまたまこの作品の連載開始のチラシを見て目に留まり、一瞬忘れていたのですが、単行本一巻の発売の時に新刊一覧で、このタイトルを見つけ目に留まり、読み始めました。(16~20歳 男性) 2020.3.3

浦沢直樹のストーリーがミステリアスであり考えながら読書をするのがとても楽しいです。(10~15歳 男性) 2020.2.16

「20世紀少年」や『MONSTER』も癖で、何故か伏線を探してしまいますね。(51~55歳 男性) 2020.1.24

あなたにオススメ!

  • 20世紀少年 完全版 4
  • 20世紀少年 完全版 10
  • 20世紀少年 完全版 3
  • 土竜(モグラ)の唄 25
  • 模倣犯 上
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ