くしゃみ 浦沢直樹短編集
ためし読み
定価
本体1300円+税
発売日
判型/頁
A5判/194
ISBN
9784098603381
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
ファン待望。浦沢直樹、19年ぶりの短編集
【くしゃみ】
ふいに出てしまうもの。
長編作品に対して短編作品のことを指す。
どんな美人も瞬間、不細工に見えること。


悩めるバツイチヤクザの元に現れたのは悪魔の使いか天の助けか…至極のコメディー『DAMIYAN!』、
ミュージシャン・遠藤賢司氏との生前の約束を果たし、遺されたエピソードを漫画化した『いっつあびゅうてぃふるでい』、
怪獣に襲われ続けるパラレルワールドの東京を舞台に、怪獣マニアのフランス人が奮闘する『怪獣王国』など、珠玉の全8編を収録!!

雑誌掲載時カラー計40ページを完全再現、豪華A5判。
ファン待望の読切が遂に単行本化。浦沢直樹、19年ぶり短編集!


【収録作品】

■『DAMIYAN!』
初出:「週刊ビッグコミックスピリッツ」2016年49号/小学館

■『月に向って投げろ!』(ストーリー共同制作:長崎尚志)
初出:手塚治虫文化賞10周年記念 アエラムック「AERA COMIC ニッポンのマンガ」2006年10月/朝日新聞社

■『親父衆』
初出:「ジャンプ改」2013年5月号、2014年2月号、7月号/集英社

■『ヘンリーとチャールズ』
初出:「おおきなポケット」1995年4月号/福音館書店

■『いっつあびゅうてぃふるでい』(原案:遠藤賢司)
初出:「月刊!スピリッツ」2018年11月号/小学館

■『Musica Nostra』
初出:「グランドジャンプ」2015年15号、23号、2017年5~9号/集英社

■『怪獣王国』
初出:「ビッグコミック」2013年16号/小学館

■『単身赴任/Solo Mission』
初出:「The Tipping Point」February 16, 2016/HUMANOIDS、「TURNING POINT」2017年9月25日/飛鳥新社
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
大反響の最新作『あさドラ!』第1集発売から二か月連続刊行!
常に長編連載作を(20年にわたり週刊、隔週誌で同時に!)描き続けてきた傍ら、各誌に寄稿してきた短編たち。今回、19年ぶりに短編集としてそれら8編が、一冊にまとまりました。

古くは’95年に絵本雑誌に掲載されたフルカラー作品『ヘンリーとチャールズ』から、昨年全ページ誰の手も借りず背景から仕上げまで、一人で描き上げた最新短編『いっつあびゅうてぃふるでい』まで。

超人・怪獣・超能力といった荒唐無稽なモチーフが登場する物語たちの中で描かれていく、懸命に生きる市井の人々のおかしさ、情けなさ、愛おしさ。

“浦沢直樹イコール長編"のイメージを覆されること必至。
浦沢作品の真髄は短編にあり! と叫びたくなるような、珠玉の全8編です。

あなたにオススメ!

  • YAWARA! 完全版 1
  • 特火点 花沢健吾短篇集
  • あさドラ! 1
  • 浦沢直樹 描いて描いて描きま…
  • アンダーリポート/ブルー
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ