ビッグ コミックス

猫で人魚を釣る話 2

猫で人魚を釣る話 2
ためし読み
定価
本体591円+税
発売日
判型/頁
B6判/216
ISBN
9784098601639

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/02/12
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
医者と患者と一匹…猫が繋ぐ、恋物語。
一匹の猫・春樹を通して距離が縮まった二人――
担当医の四月一日正直と、患者である吉祥てら。
てらへ“好きです"と自分の思いを告げた四月一日だが、
彼女の心は閉ざされてしまい――…?


猫が繋ぐモフモフ・ラヴ・ストーリィ―――
恋して愛したくなる、第2集。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
角田光代氏、絶賛。
「だれかを好きになる。猫を好きになる。何かを好きになる。

そうか、私たちは日々、ビッグバンを経験しているんだな。」
〈 電子版情報 〉
猫で人魚を釣る話 2
Jp-e : 098601630000d0000000
医者と患者と一匹…猫が繋ぐ、恋物語。

一匹の猫・春樹を通して距離が縮まった二人――
担当医の四月一日正直と、患者である吉祥てら。
てらへ“好きです"と自分の思いを告げた四月一日だが、
彼女の心は閉ざされてしまい――…?


猫が繋ぐモフモフ・ラヴ・ストーリィ―――
恋して愛したくなる、第2集。

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

知人に紹介されて、まずはインターネットの試し読みで数ページ読みました。続きがきになって二話まとめて購入しました。 印象として絵が綺麗で見やすい! 主人公もただの真面目じゃなく魅力的でした。 猫の春樹くんもだんだん、可愛く思えてきて、二人の恋の行方や、てらさんの病気の事、きになるぅ〜 三話も予約しました。四話、五話…楽しみにしてます!(36~40歳 男性) 2019.7.8

 去年の月刊スピリッツ10月号を購入したのをきっかけに、単行本の1巻を買い、今回の地元書店で横積み?(本棚に表紙が見えるように並ぶ)されていたので買いました。正直、1巻の時点では「次はいいかな~」と思っていたので、「あゆみ(文禄堂)が推しているなら面白いだろう!」と購入したら、やはり、1巻より良かったです。次の巻と月スピ6月号も購入する予定です。    もう、コマ割りが好きすぎて、魅せるコマ割りであるのはもちろん、作者さんが漫画という表現形式を好きなんだな~というのがとてもよくわかるコマ割り。   最初に本作に出会った第9話でいうと、「吉祥さん、こんばんは。」のページが3日間縦割りで、てらのモノローグだけ読んでいれば話はわかりますが、どんどんてらが物理的にも精神的にも四月一日に近づいているのが伝わるし、3回読んでようやく時計の全体像がつかめる構図にもなっていると気づきました。そういう何度読んでも発見があるスルメのような漫画? 月刊誌にピッタリですね。      1巻で1度やめてしまったのは、まずてらがよくわからない(男性が描く都合のいい女性?)のと、春樹が出すぎだから? 2巻を読んで今思うと、第9話は1つのクライマックスだからったのですね。ラスト、ものすごく引きがあるので3巻完結!? よく読むと1巻の時点で「リミットのある~」と帯に書いてありますし……。とにかく、本誌で最新話を読みたいような読みたくないような(笑)(31~35歳 女性) 2019.4.13

一巻がとても良かったので(46~50歳 女性) 2019.3.21

設定が身近ではなく、私には共感しにくい面があるのに、四月一日先生とてらさんのやりとりに引き込まれてしまいます。 頭でっかちで行動力のない2人かと思っていたのに展開が早くて飽きません。早く続きが読みたいです。(36~40歳 女性) 2019.3.3

この漫画の外観や内装のモデルになっている病院に勤務しています。菅原さんの本、2巻が出ている事にやっと気付いて購入しました。知っている方の本だからではなく、1巻を読んで続きが読みたいと思っていました。予想以上の純愛展開にドキドキしながら、病気という悲しい設定もある中で、2人の感情が外側へ変わっていったり行動していったりというのがとても眩しく思いました。しかもめちゃめちゃ気になる所で巻またぎ、、もうこのお話の虜になっています。続きを楽しみにしています。このお話が長く続きますように、願っています。(31~35歳 女性) 2019.2.25

一巻に引き続き、大変魅力的な作品でした。 キャラクター、ストーリー、絵、言葉どれもが面白く、読み応えがありました。 猫の春樹が可愛くて手に取った一巻でしたが、2人の恋の行方、大地、ナナ、師長など周囲の人の幸せも願いつつ三巻を楽しみに待っております。 あとがきも楽しかったです。(41~45歳 女性) 2019.2.12

あなたにオススメ!

  • 月曜日の友達 2
  • ケンガイ 2
  • 今日から第二の患者さん がん…
  • いとしのタンバリン 1
  • 私はあなたの記憶のなかに
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ