ビッグ コミックス

お別れホスピタル 1

お別れホスピタル 1
ためし読み
定価
本体591円+税
発売日
判型/頁
B6判/144
ISBN
9784098600571

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/08/09
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
産科の次は終末期病棟!沖田×華、最新作
累計325万部超(電子版含む)!講談社漫画賞少女部門受賞!
NHKで連続TVドラマ化の大ヒット作『透明なゆりかご』
著者・沖田×華の渾身新境地!!

『透明なゆりかご』で産婦人科という「産まれる命」を描いてきた
著者が次に描くのは、「死にいく命」が集う終末期病棟(ターミナル)。

死が一番そばにある病院で働く2年目の看護師・辺見。
彼女が目にするのは、さまざまな患者の“死と人生"をめぐる
赤裸々で剥き出しの悲喜劇ドラマです。

長寿が誰にとっても当たり前となった現代で
あなたにとって、家族にとって「生きるとは? 死とは?」を
ストレートに問いかける問題作、ここに登場!!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
「週刊スピリッツ」にてシリーズ連載中の本作は、連載開始時より大きな話題を呼び、電子書店ですでに多くの読者を得ています。『透明なゆりかご』同様、沖田氏の看護師としての経験ゆえの説得力を持って描かれる終末期病棟のリアルと、それぞれの人生を背負った患者たちのドラマが、笑いも交えながら、胸に突き刺さります。心にズンと残る、他にはない感動を与えてくれる本作品を是非ご一読ください!
〈 電子版情報 〉
お別れホスピタル 1
Jp-e : 098600570000d0000000
産科の次は終末期病棟!沖田×華、最新作

累計325万部超(電子版含む)!講談社漫画賞少女部門受賞!
NHKで連続TVドラマ化の大ヒット作『透明なゆりかご』
著者・沖田×華の渾身新境地!!

『透明なゆりかご』で産婦人科という「産まれる命」を描いてきた
著者が次に描くのは、「死にいく命」が集う終末期病棟(ターミナル)。

死が一番そばにある病院で働く2年目の看護師・辺見。
彼女が目にするのは、さまざまな患者の“死と人生"をめぐる
赤裸々で剥き出しの悲喜劇ドラマです。

長寿が誰にとっても当たり前となった現代で
あなたにとって、家族にとって「生きるとは? 死とは?」を
ストレートに問いかける問題作、ここに登場!!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

義父を亡くしたばかりで、少し人の生死について考えたため(46~50歳 女性) 2020.5.6

おもしろかった。重いテーマを共感しやすく書いてありました。2巻がみたいです。 (41~45歳 女性) 2020.1.10

現在、父親が入院しており看護士さんの本音に興味があったから(41~45歳 男性) 2019.4.21

沖田×華さんの作品が好きで たまたまこの作品に出会いました。人生の最期について自分ならどうしたいか。家族ならどう対応したら良いか。いろいろ考えさせらせました。でも、やっぱり どの話も感動で涙止まらずでした。緩和ケアについて全く違う見方をしていことに気付きました(46~50歳 女性) 2018.12.28

娘と一緒に読める、コミックです。沖田×華さんのコミックは、いつも読むようにしていますが、この本の発売は知らなかったので、書店でみて慌てて購入しました。期待通りで、満足です。2巻も楽しみにしているので、発売が決まったら、発売日の情報が欲しいです。買い逃したくないです。 (51~55歳 女性) 2018.11.24

同作者の「透明なゆりかご」シリーズが大変興味深かったので。  「透明なゆりかご」は生命の誕生に関わるお話ですが、「お別れホスピタル」は人生の終焉に関わるお話で、やはりこちらも読み応えがあり考えさせられるお話でした。母も60代で介護施設に入居したので、人間いつ何が起こるか分からないと、自分の不確定な未来も重ね合わせ、とても切ない気持ちになりました。また、改めて介護や医療に関わる方々の大変さに頭が下がる思いです。(41~45歳 女性) 2018.11.15

以前入院した時にお医者様、看護師さん達に大変お世話になったなということを思い出しました。 次巻も楽しみにしています。(31~35歳 女性) 2018.11.13

最近、死についてよく考えます。 延命とか安楽死とか自分の生き方の参考になればと購入しました。(51~55歳 女性) 2018.11.9

漫画の内容が良かったです。医療系の話が特に興味があるので。(41~45歳 女性) 2018.10.23

"私は現在特別養護老人ホームに介護福祉士として勤務して3年目になります。LINEニュースでこの本を知り、簡単なストーリーを読んだだけで強く惹かれました。終の住処という言葉に特養も終末期病棟と似ていると思いました。漫画をを読み終えると想像を絶する辛さがある事を知り、似ていると思った自分が恥ずかしくなりました。私には絶対に出来ない仕事です。医療現場で働く人を尊敬してやみません。沖田×華さんの絵やストーリー展開がクスッと笑えて気軽に読むことができました。漫画の中で、もし""死""に意味があるとすれば、その人の死から誰かが生きる意味を学ぶためだとおもう。この言葉に涙が出ました。介護現場に疲れた心が少し癒されました。この本に出会えて本当に良かったです。ありがとうございます。続きがとても楽しみです。"(21~25歳 女性) 2018.10.20

あなたにオススメ!

  • 健康で文化的な最低限度の生活…
  • 健康で文化的な最低限度の生活…
  • フランドルの冬
  • くーねるまるた ぬーぼ 1
  • なんとめでたいご臨終
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ