アクティブ・ラーニング時代の教師像

「さきがけ」と「しんがり」の教育論

アクティブ・ラーニング時代の教師像
ためし読み
定価
本体1400円+税
発売日
判型/頁
4-6/192
ISBN
9784098401673
〈 書籍の内容 〉
AL時代に消える教師・残る教師
2020年以降に到来する「アクティブ・ラーニング時代」には、教育現場の想像を超えた大激震が予想されます。子どもや保護者のニーズの変化の中で、今後、求められていく教師像とは、どのようなものなのでしょうか。
 教育現場の実践者として、一瞬も目が離せない発信を続けてきた著者二人が、今、もっとも旬なテーマを巡り、往復書簡形式で、火花を散らすような激しいやり取りを展開します。
 「今後の教育界に必要なのは、フォロワーシップを発揮し、脱落しそうな子がいないかと後方から目配りできる『しんがり』型教師だ」」という主張を軸に、第一章「学級経営論」、第二章「授業論」、第三章「教師の力量形成論」という構成でお届けします。
 最終章には、刺激的でライブ感に満ちた、著者二人による180分直接対談も収録。来る大学入試改革、次期学習指導要領に向けて、すべての教育関係者が読んでおくべき一冊です。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
2020年の大学入試改革、それに続く次期学習指導要領全面実施後には、従来のやり方では、教育を十分に機能させることはできない――。
著者たちはそう主張します。きたる変革に向けて危機感をお持ちの方はもちろん、「いや、大切な不易はこれからも変わらない!」とお感じの方も、できるだけ早い時期に、ぜひ手に取ってお読みください。

あなたにオススメ!

  • 機能するアクティブ・ラーニン…
  • 吉永幸司の国語の強化書
  • 学習指導要領2020「カリキ…
  • 新学習指導要領がめざす これ…
  • アクティブ・ラーニングと環境…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ