一人ひとりの凸凹に寄り添う

「気になる子」「苦しんでいる子」の育て方

「気になる子」「苦しんでいる子」の育て方
ためし読み
定価
本体1400円+税
発売日
判型/頁
4-6/192
ISBN
9784098401659
〈 書籍の内容 〉
大切なことは、全部子ども達が教えてくれる
30代半ばにして、圧倒的な子どもの「成長の事実」を示し、全国から注目を集める大阪市の小学校教師、金大竜(キム・テリョン)氏の最新刊。テーマは、「気になる子」の指導です。自閉症スペクトラムの子、場面緘黙の子、感情をコントロールできずに暴言を吐く子、集団生活が苦手な子、運動が極端に苦手な子等、さまざまな「気になる子」たちに真摯に寄り添い、少しずつ伸ばしていく過程に生まれる「魂のふれあい」のエピソードは、教育関係者ならずとも涙腺が緩む、感動的なものばかりです。「教師にとって大切なことは、全部子ども達が教えてくれる」「子どものことはわからない。そこから子ども理解を始めよう」など、全国の教育関係者の背中を温かく押してくれる、珠玉の言葉に満ちた一冊です。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
「超実践家」とまで称される金大竜氏による、渾身の最新刊をお届けします。本書で紹介される子ども達のエピソードを読んでいると、いつの間にか、温かい涙が頬を伝っていることに気が付きます。以下に、キム学級の子ども達の言葉を、いくつかご紹介します。
「自分がみんなの役に立てているなんて、思ってなかったです。でも、みんな、僕がいて良かったって言ってくれて、感動しました」。
「先生は、今まで会った中で、一番良い先生!」。
「これだけ仲間が頑張っているなら、僕も頑張らなあかん!」。
「先生を前と比べてみると、上からだけど、とても良くなったと思います。それはなぜかというと、怒ったあとに、1日以内で謝っています」……。
 ぜひ、この感動を共有しましょう!

あなたにオススメ!

  • エンカウンターの心ほぐしゲー…
  • 「みんなの学校」をつくるため…
  • 菊池省三の学級づくり方程式
  • みんなでできる!心がまとまる…
  • まり子の「ねむの木」45年
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ