スポーツでこの国を変えるために

僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ

僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ
定価
本体1,400円+税
発売日
判型/頁
4-6/216
ISBN
9784098401246
〈 書籍の内容 〉
サッカーには街と人を豊かにする力がある
川崎フロンターレはここ10年で、サッカーチームでありながら算数ドリルを作り、スタジアムではバナナを売るクラブへと変貌しました。オフには本の読み聞かせ会を実施、青い衣装を着たブルーサンタが入院中の子どもたちを慰問、選手がサポーターと一緒に入浴、と、サッカーという枠を飛び出して地域と密着したクラブになっています。
その仕掛け人が今回の著者、天野春果氏です。本場アメリカでスポーツビジネスを学んだ著者は、そのビジネス感覚を持ちながらも、どうすれば日本、あるいは川崎に根付くかを常に考え、「農業と同じ」との思いに行き着きます。また普段の生活から実にチームに献身的。サポーターから深夜に携帯電話にかかる数時間の長電話に応え、家にいれば考え事をしてる間に2時間超の入浴になることもしばしば。家族でレジャーに出かけても、思わず妻子をおいてイベント関係者に名刺を配る…。ただし著者は、生活を投げ打って仕事をしているというよりは、生活の中から仕事のヒントを見つけ出しており、多くの人の心をつかんだプロモーション活動を行っています。
サッカー関係者のみならず教育、ビジネスの場面などで大いに活用できるはずです。

あなたにオススメ!

  • スタジアムの宙にしあわせの歌…
  • ずけいからけいさんまで さん…
  • 中学校・高校教師 実務のすべ…
  • 授業を成功させる 図解式学級…
  • 超小学生
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ