サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標(ビジョン)

サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標(ビジョン)
ためし読み
定価
本体1300円+税
発売日
判型/頁
4-6/226
ISBN
9784098401208
〈 書籍の内容 〉
サッカーで子どもを伸ばす池上式指導メソッド第2弾
サッカーだけでなくすべての少年スポーツの育成に関わる大人たちへ7つの質問を投げかけることから、この本は始まります。 
1.日常の指導が「指示命令の連続」になっていないか? 
2.「わかった?本当にわかった?」と念押しばかりしていないか?
3.対面パスなど「ひとりでやるメニュー」に時間を費やしすぎていないか? 
4.運動量の少ない子を「体力がない」「根性がない」と決めつけていないか?
5.「ドリブルをはじめたら止まらない」エースばかり育てていないか?
6.「転んで泣く子」をかまいすぎていないか? 
7.「この子はここまで」のレッテルを貼っていないか? 
自分で局面を読み、考え、プレーできる子どもたちを育てるには、いま全国で普通に行われているジュニアサッカーの指導法を根本から変える必要がある。『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』で大反響を呼んだ著者の第2弾です。「日本の少年サッカーがいま変われば、未来の日本代表メンバーは、もっともっと強くなる!」と著者の池上正さんは断言します。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
Jリーグの「ジェフユナイテッド市原・千葉」で2010年1月まで育成コーチをつとめていた池上正さんの著書です。ジュニアサッカー界にある種の衝撃を持って迎えられ、ベストセラーとなった前著『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』から3年、日本のジュニアサッカー界に「池上流」はまだまだ浸透しきれていないと著者はいいます。前著が「池上流の現状打破」がテーマだとすれば、この本は「池上流の未来へ向けた提言」と位置づけることができます。前著を読んだ人にも、読んでいない人にもぜひ読んでいただきたい好著です。
〈 目次をみる 〉
まえがき
第1のビジョン 「頭のいい子」に変える
第2のビジョン 「話を聞ける子」に変える
第3のビジョン 「チームプレーのできる子」に変える
第4のビジョン 「走れる子」に変える
第5のビジョン 「実践的なスキル」を磨く
第6のビジョン 「自治力のある子」を育む
第7のビジョン 「伸びしろ」 を常に想像する     
あとがき

あなたにオススメ!

  • 伸ばしたいなら離れなさい サ…
  • 「過干渉」をやめたら子どもは…
  • 「みんなの学校」が教えてくれ…
  • まんがMAJORで考証・少年…
  • 「みんなの学校」から社会を変…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ